2020年 12月 5日 (土)

株式ファンドの選び方、お教えします! 「個性」が違う3つのタイプ、アナタならどれがいい?

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、世界の株式市場が大きく動揺してから2か月が経過しました。足元の株価は2020年2月中旬以降の急落から少し値を戻し、上下しつつも落ち着いた動きとなっています。

   新型コロナウイルスが猛威を振るった欧米で、経済活動が一部再開に向かいつつあるものの、依然として事態の収束には時間がかかるとみられています。株式市場はしばらく不安定な値動きが続くと想定されます。

   こうしたなか、投資家の中には「やっぱり、投資は控えておこう」と、静観する人がいます。その一方で、2月の急落をキッカケに「大きく下落した今がチャンス」とばかり、資産運用をスタートされる人もいるようです。

   資産運用の「エンジン役」となる株式ファンドの選び方には、「3つのタイプ」があります。

  • 株式ファンドの選び方には「3つのタイプ」がある!
    株式ファンドの選び方には「3つのタイプ」がある!
  • 株式ファンドの選び方には「3つのタイプ」がある!

インデックス型VSアクティブ型、そして注目のコンセプト型

(1)インデックス型

   株式ファンドには、大きく2種類のカテゴリーがあります。ひとつは「インデックス型」と呼ばれるカテゴリーです。たとえば日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)など、一般に公表される株価指数と同じように値動きするように運用を行なうタイプのことです。

   日経平均株価が1%上がった日はファンドも1%上がり、下がった日も同じだけ下がるように作られています。

(2)アクティブ型

   もう一つは「アクティブ型」と呼ばれるカテゴリーです。アクティブ型は、目標とする指数(ベンチマーク)を上回る運用成果を目指します。「アクティブ」だからといって、積極的に売買を行なうという意味ではなく、なんらかの指数を意識しながら、違いを出そうと工夫するタイプのことです。

   たとえば8割程度をTOPIXなどの指数と共通にしながら、2割の範囲で良いと思う企業を指数の構成比率よりも多めに買ったり、悪いと思う企業の指数を少なくしたりするというイメージです。 アクティブ型は、銘柄調査費用や株式売買費用などがかかるため、インデックス型に比べるとコストが高くなる傾向があります。

(3)コンセプト型

   株式ファンドの選択では、しばしば「インデックス vs アクティブ」の議論が出てくることがありますが、最近、筆者はこの2軸だけではなく、違う次元のカテゴリーが必要ではないかと考えています。

   それは「コンセプト型」とでもいうべきカテゴリーです。日興アセットマネジメントは資産運用の「エンジン役」となる株式ファンドに、「インデックス型 vs アクティブ型」の2軸ではなく、第3軸の「コンセプト型」がある――という整理をオススメしています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中