2020年 6月 4日 (木)

在宅勤務で減った運動は自律神経をストレッチして補え!

印刷

   新型コロナウイルスの影響で外出自粛や在宅勤務が続き、体調管理に苦労している人が多いという。食べる機会が多くなりがちな一方で、外に出ないから運動不足。「コロナ太り」という言葉も聞かれるようになった。

   本書「スゴ伸び」は、そんな巣ごもりのときにこそ最適というストレッチを紹介。テレビなどでもおなじみ、自律神経研究の第一人者として知られる小林弘幸さんが開発した、誰にでもできる健康法。

「スゴ伸び」(小林弘幸著)小学館集英社プロジェクト
  • 地下街はどの店も休業。歩く人もいなくなった
    地下街はどの店も休業。歩く人もいなくなった
  • 地下街はどの店も休業。歩く人もいなくなった

アスリートじゃなくてもできる

   通勤時間や移動距離、運動量は人によってまちまちだが、在宅勤務や休校などで1日中家いると、その分の運動量は減ってしまう。通勤では単に歩くだけではなく、混んだ電車に乗ってこなす運動量もある。運動が不足すれば筋肉の量が減り、基礎代謝が低下して太りやすくなってしまう。

   緊急事態宣言が延長されて、運動不足による健康への影響を懸念する専門家らが、加藤勝信・厚生労働大臣に対策の強化を訴えるということがあった。そのときの筑波大学大学院の研究グループの報告によると、テレワークに切り替えた企業の社員を調べて1日当たりの歩数が70%減っているケースがあった。これは高血圧や糖尿病などのリスクが高まるレベルという。

   運動不足の問題は、緊急事態宣言が延長される前から懸念されており、テレビでは番組中や、その合間に体操をリードする企画をオンエアしている。だが、そうしたビデオでリーダーを務める人たちの多くは、いかにもアスリートという佇まいで、自宅でその動きを手本に動くのは気恥ずかしいというか、気が引ける。もっと手軽に、もっと簡単にできることはないだろうか......。

   そう考えている人たちには、この「スゴ伸び」は試してみる価値があるだろう。健康維持に欠かせない自律神経に着目して、その専門家が開発。全身を伸ばすことで血流を良化させる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中