2020年 7月 10日 (金)

セイコーマート、吉野家、ケンタ......有料化に反旗! 無料配布できるレジ袋があった!(鷲尾香一)

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   2020年7月1日からのレジ袋有料化の義務化を前に、早くも多くの小売店からは反発の動きが出ている。

   レジ袋の有料化は何を目指し、そして有料化することはできるのだろうか――。

  • 7月1日から、レジ袋が有料化される
    7月1日から、レジ袋が有料化される
  • 7月1日から、レジ袋が有料化される

レジ袋の有料化はG20唯一の成果だった

   2019年6月28日、29日、日本では初めてのG20(20か国・地域)首脳会議が大阪で開催された。残念ながら特筆すべき成果はあげられなかったものの、唯一、成果らしきものと言えば、国際的に問題となっている海洋のプラスチックごみ(廃プラ)を「2050年までにゼロにする」目標を導入することで一致した点だった。

   廃プラは、毎年少なくとも900万トン近くが海に流出し、海洋生物や地球環境にとって深刻な影響を与えているとされる。世界中が注目していたG20で、安倍晋三首相は「日本の知見を生かして、途上国の適切な廃棄物の管理などに貢献していく」と、高らかに宣言してみせた。

   廃棄物資源循環学会の2017~18年の調査結果によると、廃プラの主要ごみであるレジ袋の一人当たりの使用枚数は、年間約150枚となっている。レジ袋については、世界60か国以上で規制が導入されており、日本でも、これまで何度も規制が検討されてきたが、決定的な決め手に欠けていた。

   その結果、2019年3月 26 日に出された環境省中央環境審議会の答申「プラスチックの資源循環を総合的に推進するための戦略」には、「レジ袋の有料化義務化(無料配布禁止等)」が盛り込まれた。

   だが、一概にレジ袋有料化といっても簡単ではない。レジ袋の製造業者にとっては確実に経営悪化につながり、事業を継続するための対応を行わなければならない。また、レジ袋以外もの、たとえば紙や布の袋の内側にプラスチックを使用しているもの、紙袋の外側をプラスチック袋で覆っているものなどを、どのような扱いにするのかという問題もある。

   最も深刻な問題は、これまでレジ袋を無料で配布していた小売業者などの対応の複雑さだ。レジ袋を取り扱わない、あるいは有料化することが顧客の減少につながるのではないか、という懸念がある。

   一方では、レジ袋を取り扱わない、あるいは有料化することは、それまでレジ袋にかかっていたコストが削減できるというメリットもあり、削減されたコスト分を他の方法で顧客に還元する方法も考えられる。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中