2020年 10月 29日 (木)

【襲来!新型コロナウイルス】コロナ禍をうまく乗り切った国ベスト10位に東南アジアから7か国! 日本9位の理由が「クルーズ船騒ぎ」とは?(1)

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るっている。WHO(世界保健機関)が2020年3月11日にパンデミック宣言を出してから4か月が経った。

   各国が新型コロナ感染拡大防止のため、さまざまな対策を打ってきたが、アメリカやブラジル、インドのように感染拡大に歯止めがかからない国と、台湾、香港のように抑え込みに成功した国と明暗が分かれる。

   そんななか、ニッセイ基礎研究所が7月3日、「新型コロナウイルスと各国経済 コロナ禍をうまく乗り切っている国はどの国か? 49か国ランキング」という調査レポートを発表した。

  • 各州バラバラの対応で感染拡大を許したトランプ米大統領
    各州バラバラの対応で感染拡大を許したトランプ米大統領
  • 各州バラバラの対応で感染拡大を許したトランプ米大統領

1位台湾、2位マレーシア、3位香港、4位タイ、5位中国...

   東南アジア諸国が10位中7か国を占め、日本も9位にランクインしている。いったい、なぜ東南アジア諸国はうまく乗り切っているのか、レポートをまとめた調査員に取材した。

   レポートをまとめたのは、ニッセイ基礎研究所の経済研究部准主任研究員・高山武士さんだ。

   厳しい感染防止対策と経済維持政策はブレーキとアクセルの関係にあることから、各国政府は難しい舵取りの中で政策実行を行っている。そこで、高山さんは感染を抑制し、かつ経済活動も維持できている国を「うまくコロナ禍を乗り切っている国」としてランキング付けを行い、評価した。

   コロナ対応力評価の先行事例としては、米のニュースメディア「POLITICO」や英エコノミスト誌、企業と非営利団体のコンソーシアム「Deep Knowledge Group」などが、それぞれ独自の切り口で評価を発表しているが、高山さんは非常にシンプルでわかりやすい切り口で各国を評価、総合点を導き出した。「コロナ被害」と「経済被害」をいずれも小さく抑えているかという観点で評価したのだ。

   「コロナ被害」については(1)累積感染者数(2)感染拡大率(3)致死率、のデータを使った。「経済被害」については、コロナ禍によって失われたGDP(国民総生産)の損失を推計した。そして、それらを合計して総合点を計算した。

   その結果、1位台湾、2位マレーシア、3位香港、4位タイ、5位中国、6位韓国、7位オーストラリア、8位ニュージーランド、9位日本、10位ノルウェーと、10位以内に東南アジア諸国が7カ国もランクインした=図表参照

   逆にワースト10位は、ペルー、ブラジル、メキシコ、スペイン、フランス、英国、ベルギー、米国、スウェーデン、イタリアと、中南米と欧米諸国ばかりという結果になった。

(図表1)各国のコロナ対応の評価の上位20位まで(ニッセイ基礎研究所・高山武士氏作成)
(図表1)各国のコロナ対応の評価の上位20位まで(ニッセイ基礎研究所・高山武士氏作成)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中