2021年 3月 1日 (月)

【SDGs大学長がゆく】売り上げの90%を「捨てた」栄新薬の挑戦 そこにはSDGsでできる食材のイノベ―ションがあった

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

開発した「気流粉砕機」は食品ロスにも寄与する

「マルチドリンク充填機」
「マルチドリンク充填機」

   健康寿命をテーマに業務をスタートさせ、サプリメントではなく食品として、いかに口から栄養を摂り、食の楽しさを提供できるかをテーマに、行きついたのは離乳食から介護食まで幅広い用途に簡単に活用できる食材のパウダー化だった。

   複数の栄養素を簡単に摂取できる。加工しやすい。必要な分量だけ使える。保存しやすいなど、パウダー化には多くのメリットがある。

   そのために、新しく「気流粉砕機」の開発に取り組んだ。これは粉砕機内に気流の対流を起こし、原料同士をぶつけ合い自生粉砕する粉末加工で、投入から粉砕の時間を非常に短くして(毎秒1秒で、80~90度の温度で熱処理する)、原料が含む栄養素を失活しにくくし、色素と風味の再現性を高く、そして劣化も少なくする。

   この技術開発はSDGs(持続可能な開発目標)のゴール3の「すべての人に健康と福祉を」を目指す、第一歩でもあった。

   じつは、この気流粉砕機は別の課題解決の大きな役割も担っている。それは、食品ロスと食材のイノベーションだ。

   最近、農業が注目され始めているが、その経営は簡単ではない。作った野菜をすべて出荷することができれば、経営は安定するだろうが、収穫のタイミング、天候の変化などによって、なかなか計画どおりにはいかない。できが悪くてもできが良すぎても頭を抱えるのが現状だ。

   さらに野菜には、市場で定められた「規格」というものがあり、大きさはS・M・L、色や形、品質はA・B・Cなど(優・良・並)で振り分けられている。曲っている、キズがついている、色が薄い、太さが足りないという理由で、定められた規格にあてはまらない野菜のほとんどが店頭に並ぶことなく廃棄処分されており(一部はカット野菜や加工食品として流通)、その廃棄率は生産量の約40%にも達するといわれている。

   市場に出荷できない、廃棄するしかない野菜をパウダー化ができれば、いや、野菜だけでなく魚介類、肉類、一部の加工食品も賞味期限切れになる前にパウダーにすることで、安定した経営ができるのではないだろうか。

   また、たとえば誰でも捨ててしまうトウモロコシの芯をパウダー化することで、美味しいコーンスープができる。つまり、食品ロスを越えた新たな食の可能性が見いだされたのである。栄新薬の取り組みは、SDGsゴール3がSDGsゴール12の「持続可能な生産消費形態を確保する」ことを導き出した。

   栄新薬が、医薬品に頼らない健康の提供を進めた先に、新たな食の可能性までに行きついているが、森下社長は「今後、人口の増加による食糧危機が懸念されます。その対策としても長期保存ができるパウダー化は一つの対策ではないだろうか。そしてこの技術は貧困国の手助けになるのではないか。」と付け加えられた。

   健康をテーマに再建を果たしたその先に、世界課題を見据えた新たな取り組みに引き続き取材を続けていきたいと思った。(清水一守)

◆栄新薬株式会社
〈所在地〉〒464-0007
      名古屋市千種区竹越一丁目8番9号
〈代表者〉代表取締役社長 森下 洋
〈設立〉1960年5月
〈資本金〉2700万円
〈事業内容〉清涼飲料水や健康食品の製造・販売
〈従業員数〉本社40人

清水一守(しみず・かずもり)
清水一守(しみず・かずもり)
一般社団法人SDGs大学 副理事長・学長
愛知商工連盟協同組合 国際事業部参与、英国CMIサスティナビリティ(CSR)プラクティショナー資格/相続診断士
日本大学文理学部を卒業。大学では体育を専攻。卒業後、家業である食品販売店を継ぐも新聞販売店に経営転換。地域のまちづくりとして中山道赤坂宿のブランド化を推進した。その後CSR(企業の社会的責任)の重要性を学び、2018年7月から名城大学で「東海SDGsプラットフォーム」として月2回の勉強会を開催中。SDGsを広めるための学びの場として2019年10月に一般社団法人SDGs大学を開校。現在、SDGs認定資格講座やSDGsイベントなどを開催中。
岐阜県出身、59歳。
一般社団法人SDGs大学
SDGsを広めるために、誰もが伝道師となるような認定資格講座を5段階で設定。SDGsを学ぶきっかけの資格としてSDGsカタリストから始まり、そのカタリストを育成する上位のSDGsアドバイザー、アドバイザーを育成するSDGsカウンセラー、SDGs上級カウンセラー、SDGsコンサルタントを設けた。上位資格取得者が下位資格を育成するプログラムで、SDGsを広く浸透する活動に取り組んでいます。さらに、SDGsの理解を深めるため、資格取得者が各々のスキルとSDGsを連動した講座やイベントを各地で開催。また、大学の認定資格、推奨資格講座も準備しています。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中