2020年 10月 25日 (日)

【株と為替 今週のねらい目】株価上昇の勢いどこまで! 膨らむワクチン開発への期待(8月17日~21日)

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   米国株式市場の好調な流れを受けて、東京株式市場の日経平均株価が上昇している。この8月(2020年8月)に入って、日経平均株価は2週間で1500円を超えてきた。その背景には、新型コロナウイルスに対するワクチン開発の進展が大きい。トランプ政権が追加の財政措置を前進させることがドル買い材料(円安傾向)になったこともある。

   半面、懸念材料は米中対立の先鋭化が進んで、ドルの上昇が抑えられること。

   どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

  • 株価上昇! トランプ米大統領の追加財政措置の効果か
    株価上昇! トランプ米大統領の追加財政措置の効果か
  • 株価上昇! トランプ米大統領の追加財政措置の効果か

東京株式市場 ワクチン開発が市場を後押し

日経平均株価予想レンジ:2万1500円~2万2600円

   2020年8月14日(金)終値 2万3289円36銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、2万3000円台を固める動きか。

   前週の日経平均株価は、959円も上昇し、約2か月ぶりに2万3000円台を回復した。米国の雇用関連指標が市場予測を上回ったことや、トランプ米大統領が大統領令の追加財政措置に署名したことで、米国の株高や外国為替市場で円安の動きが続いたことが相場の支援材料となった。

   今週の日経平均株価は、上値抵抗線となっていた2万3000円を上抜けてきたことで、さらに上値を試す場面もありそうだが、2週間で1500円以上も上昇したことで、スピード調整から上値も重くなりそうだ。いったんは2万3000円台を固める動きになると見られる。

   ただ、米国株式市場の好調さと外国為替市場で円安の動きが支援材料になっていることに加え、新型コロナウイルスのワクチン開発の進展が相場の押上材料になっており、ワクチン開発が一段と進展するようであれば、2万4000円台を目指した動きも期待できそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中