2021年 12月 8日 (水)

外出自粛で化粧品売れず... コロナ禍の2020年「売れなかったもの」ランキング

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新型コロナウイルスの影響で「100年に1度のパンデミック」といわれた2020年。今年最も販売に苦戦した商品は、「口紅」だった。市場調査のインテージが12月14日に発表した。販売金額ベースで前年同期と比べて56%減った。

   メディアでも数多く取り上げられたが、女性がマスクをする場合、口紅をつけない、つけてもマスクについてしまうといった理由や、4月の緊急事態宣言や在宅勤務の奨励で外出する機会が減り、そもそも化粧をすることが減ったことで、売り上げが落ち込んだと推察できる。

  • 口紅は前年比5割減に落ち込んだ
    口紅は前年比5割減に落ち込んだ
  • 口紅は前年比5割減に落ち込んだ

マスクをしているから... 化粧品が軒並み減少

   口紅をはじめ、化粧品の売り上げは軒並みダウンした。4位の「ほほべに」(前年比34%)や5位「ファンデーション」(32%)、6位「化粧下地」(28%減)、7位の「おしろい」(21%減)と、下落率が大きい10品目のうち、半分を占めた=下表参照

   2位の鎮暈剤(ちんうんざい、46%減)は聞きなれない言葉だが、簡単にいえば、めまいの症状を改善する薬。乗り物などの酔い止め薬などがそれだ。本来なら多くの人が旅行するゴールデンウィークと緊急事態宣言が重なったため、4月下旬~5月上旬は前年同期と比べて8割減にものぼる週もあった。

   3位の「強心剤」(37%減)、7位の「鎮咳去痰剤」(ちんがんきょたんざい=咳を鎮めて痰を出やすくする薬、21%減)、9位の「総合感冒薬」(21%減)、10位のビタミンB1剤(19%減)などの市販薬は、海外からの旅行者がおみやげに買って行くなどのインバウンド熱が減っただけに、影響を受けたといえる。

【販売苦戦したものランキング】※数字は金額前年比(インテージ調べ)
【販売苦戦したものランキング】※数字は金額前年比(インテージ調べ)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中