2021年 3月 8日 (月)

ビットコインを希少価値から計算したら、2021年は580万円になった(ひろぴー)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2020年12月17日、ビットコインは245万円まで上昇し、史上最高値を更新しました。

   ここから上昇するのでしょうか?

   それとも2017年のように大きく下落してしまうのでしょうか?

   さまざまな予想があるなか、仮想通貨業界で著名アナリストであるPlanB(プランビー)氏の分析によると、2021年には580万円に到達するという予測があります。ちょっとぶっ飛んだ話に思えますが、過去の値動きを当てており、投資信託運用会社のレポートでも紹介されるほど支持されています。

   今回は、そんなビットコインがまだまだ上昇するかもしれない話を紹介します。

  • 2021年、ビットコインはまだまだ上がる!
    2021年、ビットコインはまだまだ上がる!
  • 2021年、ビットコインはまだまだ上がる!

希少価値が高まり続けるビットコイン

   ビットコイン(BTC)はの発行上限があることから、その希少価値が注目されています。

   世界的な金融緩和とともに、金(ゴールド)と同じくインフレヘッジとしての資産として投資が行われるようになりました。

   ここで突然ですが、ビットコインの「希少価値」は、どのように決まっているかご存知でしょうか?

   PlanB氏は、「ストックフロー比率」というモデルを提唱しています。

   ビットコインの価格は「買いたい・売りたい」といった需給で決まりますが、その要因の一つである希少価値を知れば、今後の投資にも役立ちます。

kaisha_20201222151521.jpg

   まず前提として、ビットコインは約4年ごとにインフレになるように設計されています。これはビットコインの考案者であるサトシナカモトが、希少性を持つ貴金属に強い影響を受けているためです。

   上のグラフは、ビットコインが約4年ごとに起こる半減期のたびに発行枚数が減り、インフレしていく様子を現したものです。

   このグラフを見ると、難しいことは抜きにして「ビットコインの希少価値は段階的に高まっていくようだ」とわかると思います。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中