2021年 3月 8日 (月)

生活習慣病リスクを高める脂肪肝 コロナ禍で増加!「お酒を飲まないから大丈夫」は誤解?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   自覚症状のない「沈黙の臓器」肝臓の病気に脂肪肝がある。肝臓に脂肪がたまり、フォアグラ状態に。日本人の3人に1人が罹っているとされる。

   肝硬変や肝臓がんへと進行することが懸念されたり、糖尿病や高脂血症、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病のリスクを高めたりすることもわかってきた。そんな脂肪肝のリスクが「コロナ禍で高まっている」。栗原クリニック東京・日本橋の栗原毅院長は、そう指摘する。

  • コロナ禍で脂肪肝が増えている!?
    コロナ禍で脂肪肝が増えている!?
  • コロナ禍で脂肪肝が増えている!?

お酒を飲みすぎより果糖が危ない

   「脂肪肝」とは、中性脂肪が肝臓に蓄積する病気で、肝細胞に中性脂肪が20%以上溜まった状態をいう。「中性脂肪が溜まる」というと、揚げ物などの食べすぎと思われがちだが、じつはご飯や麺、パン、果物、おせんべいにアメ玉、ジュース類など、糖質の摂りすぎによるところが大きい。

「食事で摂った糖質は、ブドウ糖に分解されて小腸から吸収された後、肝臓で速やかに中性脂肪に変化しまうのです。特に、ヘルシーなイメージがある果物の摂り過ぎが危ない。果糖は吸収が早く、肝臓で中性脂肪に変わりやすい。脂肪肝へ一直線です」

   栗原クリニック東京・日本橋の栗原毅院長は、そう指摘する。

   また一般には、お酒の飲みすぎが肝臓に悪いと思われているが、

「アルコールが原因で脂肪肝になることは案外少ないんです。飲んでしまうと、無意識のうちに糖質を一緒に摂ってしまうのがいけません」

と言う。

   コロナ禍で、食生活が乱れたり、運動不足だったりする人が増えていることから、脂肪肝に罹るリスクは高まっている。勢い、年末年始の宴会シーズに入り、ついつい暴飲暴食に走りがち。

   テレワークなど自宅で過ごす機会が多いと、無意識に果物や菓子に手が伸びるといったことも起こる。いまや当たり前になったオンライン飲み会は、帰宅時間を気にすることなく、飲んだ後にはすぐに眠れるので、つい飲み過ぎてしまうことも多い。結果として体重が2~3キログラム、なかには10キログラム以上も増えた。そんな人もいる。

「体重が増えて、単なるコロナ太りと思っていたのに、健康診断で脂肪肝による肝機能異常や高血糖などを指摘され、受診される方が目立ちます。通院の患者さんも、去年より肝機能や血糖値が悪くなった方が目立っています」

と、栗原院長は話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中