2021年 4月 15日 (木)

携帯料金値下げ戦争! KDDI がドコモやSBより500円安く それでも「ガッカリ」とため息が出るわけは?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   KDDI(au)は2021年1月13日、携帯電話料金の値下げプランを発表した。20GB(ギガバイト)で月額2480円(税別)と、先行するライバル2社、NTTドコモとソフトバンク(SB)の同じ容量のプランに比べて500円も安い。

   しかし、この安さには「カラクリ」があった。いったい、それは何か――。

   auの発表で、3大キャリアの「シンプルかつ低価格」プランが出そろったわけだが、ネット上では、

「後出しジャンケンのauが一歩リードの形だが、ガッカリした」
「大手キャリアの値下げはこれが限界か」

というあきらめの声が多いのだ。

  • 携帯電話料金は本当に安くなるか(写真はイメージ)
    携帯電話料金は本当に安くなるか(写真はイメージ)
  • 携帯電話料金は本当に安くなるか(写真はイメージ)

「5分かけ放題」付きだと、結局3社横並び

   KDDIによると、au向けの新料金プランの名前は「povo」(ポヴォ)。先行するライバル2社、NTTドコモの「ahamo」(アハモ)とソフトバンクの「SoftBank on LINE」と同様に、店舗でのサポートや申し込みを受け付けず、手続きはすべてオンラインで行う。

   今年3月から20GB(ギガ)で、月額2480円(税別、以下同)で提供する。これは先行する2社の同容量のサービス、「ahamo」と「SoftBank on LINE」の月額2980円より500円安く、次のような特徴がある。

   オンラインで選択できる、以下のような「追加トッピング」を用意する。

(1)通話定額は付いておらず、音声通話は30秒あたり20円。月額500円の追加料金で「5分以内通話かけ放題」のサービス。
(2)月額200円の追加料金で「データ使い放題24時間」を月に何度でも利用可能。
(3)月額500円の追加料金で「データ追加1GB」。
(4)月額1500円の追加料金で国内通話が無料となる「通話かけ放題」。

   また、「povo」はauの現行の第4世代通信規格「4G」と次世代の通信規格「5G」に対応。MVNO(格安スマホ会社)ではなく、KDDIが直接サービスを提供するのでネットワーク品質はauと同等だ。なお、キャリアメールは利用できない。

「もっと自由に」をアピールしたauの新料金プラン「povo」(KDDIの公式サイトより)
「もっと自由に」をアピールしたauの新料金プラン「povo」(KDDIの公式サイトより)

   KDDIの髙橋誠社長は1月13日、新料金発表会の質疑応答で、従来提供してきた既存プランも3月までに見直す方針を明らかにした。

「昨年12月に発表したAmazonさんと提携したプランは、(NTTドコモのahamoの直後で)タイミングがよくなく、お客さまからお叱りの声をたくさんいただいた。(3月発売のauの料金である『データMAX』が提供されるまでに既存プランの見直しを)みなさんへお届けできるよう準備を進めている。シンプルにしていく方向で検討を進めたい」

と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中