2021年 6月 25日 (金)

鉄道とアニメの切っても切れない関係 はじまりは昭和4年だった...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   近頃のアニメには、鉄道がよく出てくる。映画「君の名は。」には、東京都心のJR線や東海道新幹線、高山本線など数多くの鉄道が登場した。2018年には、JRグループ公認の変形ロボットアニメ「新幹線変形ロボシンカリオン」が放送された。2020年には西武鉄道で、国民的アニメ「ドラえもん」とタイアップした電車が走り始めた。

   アニメと鉄道がなぜ親和性が高いのかを、本書「アニメと鉄道ビジネス」はさまざまな事例で解き明かしている。著者の栗原景さんは、フォトライター、ジャーナリストで、「東海道新幹線沿線の不思議と謎」(実業之日本社)などの著書がある。

「アニメと鉄道ビジネス」(栗原景著)交通新聞社
  • アニメと鉄道は相性がいい?(写真はイメージ)
    アニメと鉄道は相性がいい?(写真はイメージ)
  • アニメと鉄道は相性がいい?(写真はイメージ)

弾丸よりも速く走るエイトマンが新幹線を抜き去る!

   アニメと鉄道の関係を歴史的に振り返れば、初の国産鉄道アニメは1929(昭和4)年の「太郎さんの鉄道」という作品だ。父親に汽車のおもちゃを買ってもらった太郎さんが、動物たちが乗り合わせる汽車の車掌になるという夢を見るという内容。車内マナーが紹介されているという。

   セル画ではなく、切り紙を使ったアニメで、当時の蒸気機関車や客車が写実的に描かれているそうだ。

   戦後、1963(昭和38)年、手塚治虫原作の「鉄腕アトム」が放送された。この年に始まった桑田次郎作画の「エイトマン」のオープニングに、東海道新幹線が登場していると紹介している。

   弾丸よりも速く走るエイトマンが新幹線を抜き去るシーンが有名だ。まだ新幹線の開業前だったが、試作車両が精巧に描かれているという。

   鉄道とアニメがコラボレーションした第1号は1979(昭和53)年から始まった松本零士原作の「銀河鉄道999」だ。蒸気機関車全廃に伴うSLブームに乗り、C62型蒸気機関車の姿をした999号のリアルな姿に注目が集まった。

   その後、リアルロボットのアニメブームが到来。「機動警察パトレイバー」では、地下鉄銀座線の新橋駅のホーム跡など東京都内の実在する場所が描かれた。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中