2021年 9月 22日 (水)

咲くだけで実をつけなかった「バブル」の本質を理解したいアナタへ!【尾藤克之のオススメ】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   1985年のプラザ合意後、政府は公定歩合を引き下げました。これがバブル経済の始まりといわれています。80年代後半、GDP(国内総生産)は伸長し内需も拡大します。この内需は主要都市の地価を引き上げていきます。絶頂期の1989年12月29日、日経平均株価は終値で3万8915円を記録し、誰もが1990年以降の拡大を疑いませんでした。

   今回、紹介するのは、私の人生に示唆を与えた一冊。著者は、一条真也さんです。

「遊びの神話」(一条真也著)東急エージェンシー出版事業部
  • 誰もが浮かれていた!? バブル時代(写真はイメージ)
    誰もが浮かれていた!? バブル時代(写真はイメージ)
  • 誰もが浮かれていた!? バブル時代(写真はイメージ)

バブル時代とはどんな時代だったのか

   当時、私は学生でしたが、銀行に就職したOBに「賞与が立つ」という話をされたことがあります。これは「賞与が現金支給されるので、封筒が立つ」という意味です。大手不動産会社A社の入社案内の表紙は、パルテノン宮殿でした。ページをめくると「100億円を動かす男」として新入社員が紹介されていました(仕事は土地転がしですが)。

   映画やドラマでもバブル時代を描いたシーンが多くありました。ある映画でタクシーを停める際に万札を振って停めるシーンがありますが、あれは間違いです。最も威力を発揮したのはタクシーチケットでした。特に個人タクシーはどのタクシー会社でも例外なく利用できたので大いに重宝されました。就活の選考でも、タクシーチケットが配布されました。

   ほかに間違った描写としては、「ジュリアナ東京」があります。バブル経済の場面になるとジュリアナ東京の映像とテクノハウスがかかることが多いですが、OPENは1991年5月ですからバブル崩壊後です。

   大学サークル、ディスコパーティーは全盛期でした。一年中、渋谷や六本木にあったディスコでのダンパ(ダンスパーティーの略。いまは死語)が乱立していました。

   TDL(東京ディズニーランド)を貸切って、学生が数万人集まることもありました。広告代理店や有名企業がスポンサーに付きますから景品も多様です。目録のみの海外旅行、海外から自費で運ばなければいけない外車、一般道を走れない自転車、絶対に外れない知恵の輪など盛りだくさんでした。

   なお、「バブル崩壊」は、ある瞬間に発生した現象ではありません。「バブル崩壊=体感」ができたわけではありません。誰もが、バブル崩壊と気がつかず、数年間をかけて生じてきた社会現象です。しかも、バブル崩壊のその頃から、日本は高齢化社会に突入します。サラリーマンの賃金も2002年を境に下がり始めます。

「ディスコ」とはどういう場所か

   本書の中に、著者の一条真也さんがディスコを解説する箇所があります。ディスコで踊ることに、どのような意味があるのか書かれています。

「宗教人類学者の伊藤幹治氏は『宴と日本文化』において、沖縄の与論島で正月七日に行なわていた『ウタカキ遊び』という行事を紹介している。ウタカキ遊びの当日、島の老若男女が晴着を着て酒と肴をたずさえて丘に集まり、そこで飲食を楽しんだ。その限りでは別に珍しくも何ともないが、その際、若い男女が別々に集まって円陣をつくり、互いに歌を掛け合ったり、踊りをおどったりして楽しんだという」
「さらにおもしろいのは、中にはこれが縁となって結ばれる男女もあったというのである。これはディスコでのダンパなどで、現代の若者たちが円陣をつくって『フーフー』とか『フェイフェイ』とか言いながら踊り、ナンパし、なかには結婚する者がいるのとまったく同じではないか! ウタカキ遊びのような例は、他にも世界各地に見られる」

   男女が集い、酒を飲みかわし、音楽を楽しみ、踊りをおどるようなコミュニケーションは世界の至るところで見られていたのです。そのうえで、「ディスコとは野外の宴を吸収した空間である」と、一条さんは言います。

「ディスコで踊りまくるとハイになれるのは、そこにおわす神と交信できるからかもしれない。では、ディスコにはどんな神がいるのかと聞かれると、正直言って、ぼくにはまだわからない。これから、つきとめていくつもりである」

   本書では、主にイベントの歴史と未来について説明されています。レジャーランドなら、プレジャー・ガーデンから、ディズニーランドの誕生、日本での成功の理由、これから流行すると思われるテーマパークが主題です。また、咲くだけで実をつけなかった、「バブル」という徒花(あだばな)を掘り下げることができる歴史書としても価値があるように思われます。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中