2021年 4月 21日 (水)

2020年の「休廃業」は過去最多 じつはコロナ禍が最大要因ではなかった?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   コロナ禍の2020年(1~12月)に、全国で「休廃業・解散した企業」は4万9698件で、これまで最多だった2018年の4万6724件を抜いて過去最多を記録した=表1参照。東京商工リサーチが2021年1月18日に発表した。前年と比べて14.6%増えた。

   一方で同年の「企業倒産」は、コロナ禍での政府や自治体、金融機関の資金繰り支援策が奏功し、7773件(前年比7.2%減)と2年ぶりに減少。対照的な結果となった。

  • 2020年の休業・廃業は過去最多だった
    2020年の休業・廃業は過去最多だった
  • 2020年の休業・廃業は過去最多だった

「日本再興戦略」のフォローのなさが要因

   2020年はコロナ禍で、緊急事態宣言の発出やそれに伴う外出や移動の自粛、休業要請などで経済活動が大幅に制限され、企業の経営は厳しくなった。休業や廃業を選ばざるをえなかった経営者は少なくなかったが、東京商工リサーチの担当者は、「コロナは2次的要素でしょう」と話す。

   理由を聞くと、

「2013年に、政府が経済政策として『日本再興戦略』を掲げました。これは『新規企業が創業しやすい環境を作って、日本経済のGDP(国内総生産)を底上げしようと考えた施策でした」

と、切り出した。国内の「開廃業率」を上げることで、日本経済の新陳代謝を活性化していこうという施策だが、担当者はこう続ける。

「戦略は良かったのですが、その後のフォローが良くなかったんだと思います。当初は『新規参入の企業に寄り添いながらやる』とは言っていたものの、果たしてそれが十分だったのか......。そこに追い討ちをかけたのがコロナ禍だと考えています」

   つまり、コロナ禍は2次的要因で、休廃業企業の「芽」は、それ以前からあったというのが、東京商工リサーチの分析だ。

(表1)過去5年の「休廃業・解散、倒産の推移」
(表1)過去5年の「休廃業・解散、倒産の推移」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中