2021年 4月 21日 (水)

米株式市場、投機的動き収まり反発 今週は「パウエル発言」に注目!(2月8日~12日)【株と為替 今週のねらい目】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?
米国株式市場は、「ロビンフッター」と呼ばれる個人投資家による投機的な売買がひとまず収まり、落ち着きを取り戻したことで上向きに転じた。東京株式市場の日経平均株価も堅調な展開が予測される。

   ただ、2021年2月10日には米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長がニューヨークでオンライン講演を行う予定。景気回復の遅れや雇用への懸念が言及されれば、米国の長期金利は低下し、リスク選好的なドル買い・円売りが縮小する可能性がある。「パウエル発言」には注目だ。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 企業決算は佳境に……
    企業決算は佳境に……
  • 企業決算は佳境に……

東京株式市場 2万9000円台乗せの可能性も

日経平均株価予想レンジ:2万8300円~2万9100円

2021年2月5日(金)終値 2万8779円19銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値を試す展開か。

   前週の日経平均株価は、米国株の反発を材料に2週間ぶりに急反発した。前々週に相場の波乱要因となった「ロビンフッター」と呼ばれる米国の個人投資家による投機的な売買に対して、米国当局が調査を始めたこともあり、相場は落ち着きを取り戻した。加えて、米バイデン政権の追加経済対策が実現に向けて動き出していることが好感された。

   今週の日経平均株価は、上値を試す展開になりそうだ。2万9000円台乗せの可能性も考えられる。ただ、2万9000円に近付けば、利益確定売りが出てくるため、上値も重くなりそう。企業決算が佳境を迎え、12日には700社以上が発表するため、物色の中心は個別株という図式が続くだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中