2021年 10月 21日 (木)

「出身大学年収ランキング」に渋沢栄一の影響か 防衛大学校が東京大学より上ってどういうこと?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   令和に入って3年。完全な実力主義の世の中になったかと思いきや、まだまだ出身大学が年収に影響しているようだ。

   就職・転職のジョブマーケット・プラットフォームを運営する「OpenWork 働きがい研究所」が、会員ユーザーの口コミ投稿から調査した「【年齢別】出身大学年収ランキング」を発表した。

   調査によると、30歳時点での年収は1位が東京大学、2位一橋大学、3位慶應義塾大学...と、ありがちな傾向を示したが、25歳から45歳までの年収上昇額をみると、超意外な大学がランクインした。1位は一橋大学なのだが、3位の東京大学を押しのけて「防衛大学校」が2位に浮上したのだ。

   いったい、どういうことか。

  • 出身大学によって年収が違う?
    出身大学によって年収が違う?
  • 出身大学によって年収が違う?

40歳以降は東京大を押しのけて一橋大が1位に

   「OpenWork」は、社会人の会員ユーザーが自分の勤務している企業や官庁など職場の情報を投稿する国内最大規模のクチコミサイトだ。会員数は約340万人(2020年1月時点)という。

   「年収・待遇」「職場環境」「社員の士気」など8つの項目で、自分の職場を評価して投稿する。その中に企業の「年齢別年収」を浮き彫りにするコンテンツもあり、登録された会員の年収データを元に、独自のアルゴリズム(計算システム)によって企業ごとに異なる賃金カーブを25歳から5歳刻みで可視化することができるという。

   今回の調査では、2018年3月~21年1月にかけて登録した会員の年収と出身大学のうち、100件以上データがあった大学206校(11万5265人)を対象にした(大学院は除外)。各大学出身者の年収と年齢の分布から各年齢の想定年収を算出した。そして、トップ30の大学を発表した=表参照

(表)出身大学別年収ランキング(青字が国公立大学、緑字が私立大学、OpenWork 働きがい研究所作成)
(表)出身大学別年収ランキング(青字が国公立大学、緑字が私立大学、OpenWork 働きがい研究所作成)

   そして、次のことがわかった。

(1)30歳時の想定年収は1位東京大学、2位一橋大学、3位慶應義塾大学、4位京都大学、5位東京工業大学がランクイン
(2)「年収では官高民低」。30歳時想定年収の上位30校のうち20校を国公立大学が占め、私立大学は10校しか入らなかった。
(3)25歳時、30歳時、35歳時では東京大学が1位だったが、40歳時、45歳時では一橋大学が1位となり、年齢があがるにつれ「経済総合大学」の一橋大学が強みを発揮する。
(4)25歳から45歳にかけての年収アップ額をみると、1位は唯一プラス700万円台を出した一橋大学(プラス715万円)だが、なんと2位に防衛大学校(プラス653万円)が躍進。3位の東京大学(プラス650万円)を追い越した。ちなみに、4位は東京薬科大学(プラス649万円)、5位は京都大学(プラス635万円)である。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中