2021年 9月 21日 (火)

渡辺直美さんをブタに... またも「ニッポンの女性差別」が世界に! 「東京五輪もうやめよう」と怒りの声(1)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   またまた「ニッポンの女性差別」のニュースが世界を駆け巡った。

   東京五輪・パラリンピック開閉会式の演出責任者、佐々木宏氏(66)が、開会式に出演予定のお笑い芸人、渡辺直美さん(33)の容姿をブタにたとえて「オリンピッグ」などとバカにする演出を考えていたことが明るみになった。渡辺さんに対してだけでなく、「オリンピック」そのものも侮辱する言動だ。

   ひと月前に東京五輪組織委員会の森喜朗前会長が「女性差別」発言で辞任に追い込まれたばかり。海外メディアは「東京五輪にまた混乱」「頭痛のタネ」と一斉に報じた。ネット上では、

「こんな恥ずかしい東京五輪、もうやめようよ」

という怒りの声が殺到している。

  • 「また女性蔑視」と報じるBBC放送電子版(3月18日付)
    「また女性蔑視」と報じるBBC放送電子版(3月18日付)
  • 「また女性蔑視」と報じるBBC放送電子版(3月18日付)

マジで渡辺直美さんをブタにする気だった

   佐々木宏氏は2021年3月18日未明に、東京五輪組織委を通じて謝罪文を発表、辞任した。

   主要メディアの報道を総合すると、佐々木氏のこの演出は、2021年3月17日に発信された週刊文春オンライン版(3月21日号)で発覚。それによると、佐々木氏は昨年(2020年)3月5日、当時の演出担当チームのスタッフにグループLINEで、「ブヒー ブヒー」(宇宙人家族が振り返ると、宇宙人家族が飼っている、ブタ=オリンピッグが、オリの中で興奮している)、「空から降り立つ、オリンピッグ=渡辺直美さん」などと演出案を提案した。

   渡辺さんをブタに変身させ、「オリンピッグ」のダジャレを使う内容に、スタッフから「女性を豚にたとえるなんてありえない」「ピンとこない」「理解できません」と批判され、提案を撤回した。

   佐々木氏は慶応大学卒業後、1977年に電通に入社。2003年に独立、ソフトバンクの「白戸家シリーズ」、サントリー「BOSS」の「宇宙人ジョーンズ」などの人気CMを多数手掛けた。

   五輪関係では、安倍晋三前首相がマリオに扮した2016年リオデジャネイロ五輪閉会式のアトラクションなどの演出を担当した。開閉会式の企画・演出は東京大会の1年延期を受け、狂言師の野村萬斎氏を総合統括とするチームが昨年12月に解散。迅速に準備を進める必要があるという理由でチームの一員だった佐々木氏に一本化した経緯がある。

   それにしても、いったいどういう意図でこんなにも女性と五輪を侮辱する案が出て来たのか。佐々木氏自身は、「謝罪文」の中でこう説明している。

《渡辺直美さんに対する演出アイデアの中で、宇宙人と地球人の接点的な役柄で、オリンピックの使者的キャラということで、オリンピックの語尾をピッグという駄洒落にして、オリンピッグという名前のピンク色の衣装で、耳が豚なのはどうだろう、という発案をしました。みんなの意見を聞きましたが、すぐに『ピンとこない』『面白くない』『女性を豚に例えるなんてありえない』『言うべきじゃない』などと非常に怒られ、私もその場で、大変恥ずかしながら、スタッフからの率直な直言で目が覚めました。私が調子に乗って出したアイデアです》

と本人が言うのだから、提案したときは「マジ」だったわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中