2021年 9月 22日 (水)

コロナ禍、30~40代の小遣いや貯蓄増加 「おひとりさま消費」拡大

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの感染予防策として広がる「新しい生活様式」で、通販やデリバリー、テイクアウトがトレンドになっている。

   それに合わせて消費者の金銭感覚にも変化が生じており、30代と40代では、1年前と比べて小遣いの額や貯蓄額が大きく増えていることが、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の調査でわかった。

  • 通販やデリバリーの利用が増え、金銭感覚も変化している
    通販やデリバリーの利用が増え、金銭感覚も変化している
  • 通販やデリバリーの利用が増え、金銭感覚も変化している

「30代・40代の金銭感覚についての意識調査」

   調査によると、30代、40代の男女1000人に、毎月自由に使えるお金はいくらあるか聞いたところ、「1万円以下」が30.4%で最多。2位以下に「2万円超~3万円以下」(18.5%)、「1万円超~2万円以下」(16.6%)、「4万円超~5万円以下」(14.6%)と続いた。

   「10万円超」が2.1%、「0円」も6.4%あった。平均額は3万192円だった。

   前回(2019年12月)の調査では、毎月自由に使えるお金の平均額は2万6885円で、今回と比べて3307円増えた。年代別にみると、30代では、2万6684円から3万940円と4256円増。40代では、2万7085円から2万9444円と2359円アップした。

「コロナ禍で生活様式が一変し、お小遣い事情に変化があったという人が多いのではないか」

と、SMBCコンシューマーファイナンスは分析している。

   貯蓄状況についても大きな変化があった。

   今回の調査では、貯蓄額が「50万円以下」の人が23.8%で最も多く、次いで「0円」(16.7%)だった。3位以下は、「50万円超~100万円以下」(12.3%)、「500万円超~1000万円以下」(12.2%)、「1000万円超」(12.1%)と続き、いずれも前回を上回った。調整平均は283万円で、前回の192万円から、じつに91万円も増えた=下図参照

   年代別にみると、30代では前回の183万円から230万円と47万円の増加。40代では、202万円から364万円と162万円の大幅な増加となった。

   同社は、「コロナ禍のテレワーク・外出自粛による必要費用の減少や、10万円の特別定額給付金の受給、景気に対する先行き不安を受けた貯蓄志向の高まりなどの影響で、結果的に貯蓄が増えたという人が多いのでは」とみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中