2021年 5月 9日 (日)

あなたも「教えたがり」になってない? それはただのマウンティングかも【ひろ子ママの教訓 その50】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   きょうは50代のRさんです。

「コロナ禍での在宅勤務に慣れてきましたが、週1日は出社しています。在宅勤務中も会議や打ち合わせなどオンラインで話す機会はたくさんありますが、やっぱり会社に行って直接話すと嬉しくなってしまって、思わずはなし過ぎてしまうんですよね。先日、ネットでコロナ禍に急増している「教えたがりおじさん」の記事を読みましたがこれは自分のことかもしれない......。気をつけようと思ったところです」
  • 「教えたがり」になっていませんか?
    「教えたがり」になっていませんか?
  • 「教えたがり」になっていませんか?

「教えたがりおじさん」の心理

   人は歳を重ねていくにつれ、生きてきた分の知識がどんどん溜まっていきますよね。そして遺伝子的にも「後世に何か残したい」という気持ちから「教える」という行為にも繋がっているようです。

   しかし「教えたこと」が、その人の知りたいことや聞きたいこと、アドバイスしてほしいことではなかった場合、ただの聞きたくない説教と同じくらいのレベルの受け取り方をさせている可能性があります。

   相手にとって「必要なこと、ためになること」だと思って伝えたのに関わらず、相手にとっては時間泥棒という「嫌がらせ」として受け取られ、ただのマウンティングおじさんになってしまっているかもしれません。

   「教えたがりおじさん」の心理を探ってみましょう。

・誰かの役に立てる
誰かの役に立ちたいという気持ちは一見、素晴らしいことに思えます。しかし、求めていない相手からするとただのお節介です。
・プライドを維持できる
「教える」ということは、本来は尊い行為のため、自分の権力の誇示の現れでもあります。自分のほうが上位という権力意識が働き、自分のアドバイスが相手に影響を与えたことがプライド維持につながります。
・教えることで気持ちが良くなる
相手からの「アドバイスありがとうございました」「勉強になりました」という言葉をもらうと気持ちが良くなります。しかしながら、それが社交辞令だったとしても気がつかないと、そのまま調子に乗ってアドバイスを続けてしまいます。自己満足のようなものですね。

   Rさんはどれか当てはまっていたら、「教えたがりおじさん」決定ですよ!

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中