2021年 9月 17日 (金)

ウガンダ選手団、さらに18人来日予定! アフリカの小国が突きつけた「東京五輪水際対策」の抜け穴(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「安心安全の東京五輪」に暗雲です。東京五輪に出場するウガンダ選手団9人のうち1人が、成田空港で新型コロナウイルスの陽性と判明していましたが、合宿先でさらに1人の陽性が判明しました!

   菅義偉首相が誇る「日本の水際対策」に不安が広がるなか、海外メディアはさっそく「東京五輪に抜け穴」と報じています。開催まであと1か月。「安心安全な大会」は可能なのでしょうか?

  • 東京五輪・パラリンピックの「水際対策」は大丈夫なのか?
    東京五輪・パラリンピックの「水際対策」は大丈夫なのか?
  • 東京五輪・パラリンピックの「水際対策」は大丈夫なのか?

感染拡大中のウガンダから、さらに18人が来日!

   一人目の陽性判明は、ウガンダ選手団に帯同してきたコーチでした。報道によると、ウガンダ選手団はアストラゼネカ製のワクチンを2回接種済みで、出国前72時間以内の検査を受けて、陰性証明書も提出していたとのこと。

   二人目は、「濃厚接触者」と認定された残り8人のうち20代の選手が、事前合宿先の大阪府泉佐野市で受けたPCR検査で陽性が判明。ルールに従って「カンペキな事前対策」をしていたとされる選手団の感染に、衝撃が広がっています。

   Second COVID-19 Case In Uganda Team
(ウガンダ選手団で二人目のコロナ陽性:AFP通信)

   AFP通信によると、空港で陽性が判明したコーチ以外の選手8人と、選手団に帯同していた泉佐野市の職員は空港では隔離されず、そのまま泉佐野市に直行。入国から3日目に実施したPCR検査で一人の陽性が確認されたとのことです。

   海外五輪代表チームの入国は、オーストラリアのソフトボールチームに続いてまだ2国目にすぎません。事例が少ないとはいえ、本国出国時と日本入国時に受けたPCR検査で陰性でも、その後の検査で陽性になることは「想定外」だったのでしょうか?

   さらに、ウガンダ本国のメディアによると、今回来日した9人は、「the first batch of the 27 athletes to represent Uganda」(ウガンダ代表チーム27人の最初の一団)とのこと。コロナ感染が拡大してロックダウン中のウガンダから、残りの18人の入国を認めるのでしょうか?

   9人の選手団を送り出す際、ウガンダのスポーツ大臣が「ウガンダの良き外交官として才能を発揮し、国旗を高く掲げてくれ」と激励したそうです。本来の狙いとは違う形ですが、ウガンダに世界からの注目を集めたという点では、「外交」の役割を果たしたかもしれません。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中