2021年 9月 23日 (木)

乱高下するバット相場に北大は...... 慶大と一橋大学は取引見送り(第9節)【暗号通貨バトル Bグループ】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   北海道大学の渡部真人さんがバット相場に翻弄されている。先週(2021年7月12日週)に、バットが55円台より低くなることはないという傾向があるから「55円台になったら購入する」と考えていたが、動かなかった。一時は50.71円まで下げたこともあり、買わなかったことを「後悔している」という。もう一つ、狙っているLisk(リスク)を追う。

   一橋大学のボンゴレさんはブロックチェーン技術に興味津々。慶応義塾大学の1028さんは学業で忙しく、取引を見送った。

  • 今週はそろって変化なし
    今週はそろって変化なし
  • 今週はそろって変化なし

読めない相場にバットの買い時逃す(北海道大学 渡部真人)

   開催直前になって不祥事が相次いだオリンピックの開催式はドラクエの曲が使われテンションが上がった。不祥事がドミノ倒しのように起こるのは、某大企業たちと同じく日本のお家芸と捉えられそうだ。悲しい。

   結果から言うと、今週は購入を見送った。先週にバットが55円台より低くなることはないという傾向があるから55円台になったら購入する旨のことを書いたが、7月20日~21日にバットは50.71円まで下げた。全体的に下げ幅が大きくなるのではないかと思ったので少し様子見しようと思っていたら50円ほどまで下がったので危なかった。

   ただ、その後順調に上がっていたので購入すべきであったと後悔している。現在7月25日18時39分時点で59.53円をつけているが、再び下落傾向はあるので再び50円台まで下げてきたら購入していきたい。しかし、全体的に相場が読めないのも確かだ。

   先ほど述べたとおりだが、バットのここ1か月の傾向は55円台以下に下がることはないのに、下がったと思えば50円ほどにまで下がっている。

   一方、ネムに変わる投資先として注目している「Lisk(リスク)」が、ここ最近は安定して上昇している。「リスク」は今までは乱高下激しかったのに動向が読めずじまいだ。個人的にはひと通りの暗号通貨に対する規制が落ち着いた(この表現が適切かはわからない。規制ニュースが、5~7月にかけて多く出たが、もはや市場はそれを含んで取引されているという主旨だ)ので、比較的安定相場になっているのではないかと踏んでいる。

   もちろん、新しいニュースがでて敏感に反応した結果大幅下落になる可能性は否定できないが、市場がそれらのバッドニュースを織り込み済みで動いていることを信じたい。

   すなわち、大きく下げても再び反発するまでのタイムラグが短くなっているという読みだ。ロスカットした苦い思い出のあるネムも、比較的安定相場だ(もちろん初期投資の時ほどではないが)。

   今のところニュースとチャートで投資を判断しているので慎重に判断していきたい。買うとしたらリスクよりはバットが先になるだろう。リスクは230円台まで下がってほしい。

   さて、一つだけ仮想通貨に関わるニュースを紹介しておきたい。ナイジェリア中央銀行(CBN)がデジタル通貨(CBDC)のプロジェクト「GIANT」の試験運用を2021年10月までに開始する予定であることを発表したという。

   ナイジェリアの中央銀行から発行されるデジタル通貨はオープンソースのブロックチェーン、「Hyperledger Fabric」を用いるとのことだ。発行メリットは「マクロ経済管理、成長管理、貿易の円滑化」を挙げている。現在自分の投資しようとしている通貨に直接関係はないのだが、どれだけ仮想通貨に疑念の声や批判が出ても、その技術や仕組みは需要があるのではないかと、このようなニュースを見るたび考えている。

   仮想通貨の肝は「みんなが使う」という「お金」という魔物の本質を活かしたものだ。ブロックチェーンの技術の理解は難しいが、うまく利用すれば国債発行と同じことができるのではないかと思っている。今後も各国の流れに注目していきたい。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
「リスク」は21日で底を打って以降、堅調に上昇しており、戻り高値である300~330円に接近。ここを上抜けることができれば、400円を見る日は早そうです。売買代金が伸び悩んでいるものの、ビットコインが上昇すれば吊られて跳ね上がりやすそうです。
さて、CBDC(Central Bank Digital Currency=中央銀行デジタル通貨)のプロジェクトはますます加速しており、中国では本格導入間近ではないかという声もあります。ユーロ圏でも急速に準備が進んでおり、7月14日にラガルド総裁は、デジタルユーロの発行に向けて2年間(長い......)の調査を開始すると発表しました。欧州は、銀行が企業の資金需要の4分の3を担っており、資金需要の4分の3を資本市場で調達する米国とは大きな差があります。金融政策がダイレクトに響きやすいユーロ圏では、その影響をより効果的にするためにデジタルユーロの導入に力を入れているのではないでしょうか。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
7月23日現在         6383円

北海道大学 渡部真人(わたべ まこと)
北海道大学 渡部真人(わたべ まこと)
北海道大学法学部3年。牛丼に紅しょうがを入れない派。おにぎりはセブン派。メロンよりスイカ派。ドラクエは9でストップ。かばおみたいな人生を送りたい。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中