2021年 9月 22日 (水)

オリンピックの競技に出てくる「優先権」とは何だろう?【8月も応援! 五輪・パラリンピック】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京五輪・パラリンピックが2021年7月23日に開会式を迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期され、いまなお世界各地で猛威を振るっている中での開催に、さまざまな議論が巻き起こっているが、アスリートの大活躍にお茶の間は沸いている。まだまだ選手に応援の声を届けたい。そう思っている人は少なくないはずだ。

   そんなことで、8月もオリンピックとスポーツにまつわる本を紹介しよう。

   オリンピックの開幕とともに、日本選手団のメダルラッシュが続き、盛り上がってきた。第12日現在、日本は金19、銀6、銅11の計36のメダルを獲得。金は中国の32、アメリカの24に次ぐ数だ。

   本書「イラスト図解 オリンピック競技おもしろ大全」は、オリンピック、パラリンピック全55競技の基本とウンチクを紹介した本である。テレビ観戦がよりいっそう面白くなるだろう。

「イラスト図解 オリンピック競技おもしろ大全」(雑学総研著)KADOKAWA
  • スケートボードやサーフィン… 新たに五輪種目となった競技に大注目!
    スケートボードやサーフィン… 新たに五輪種目となった競技に大注目!
  • スケートボードやサーフィン… 新たに五輪種目となった競技に大注目!

スケートボードの2種目

   スケートボードやサーフィンなど、今回の東京大会から採用された競技でも日本選手がメダルを取ったことから、そうした新しい競技への関心も高まっている。まずは男子の堀米雄斗選手と女子の13歳、西矢椛(もみじ)選手が金メダルを取り、一躍注目されたスケートボードから。

   堀米選手と西矢選手が出場した「ストリート」は、街中のようなコースでトリック(技)を披露する種目。コースには、街中にあるような手すり、ベンチ、階段などを模した障害物(セクション)が設置されている。これらに、スケートボードのデッキ(板)をつかってどのように滑るかが採点のポイントになる。

   デッキの端だけをレールにあてて障害物を滑りおりたり、レールに乗るときに後ろ向きで乗っておりたりするなど、選手が独自にうみ出した高度なテクニックが見ものだ。

   8月4日から、もう一つの種目「パーク」の競技が行われる。アール(湾曲)がついた曲線的な形状をした競技場をつかい、高く空中へ飛び出すエア・トリックが中心だ。途中で何度も回転したり、ひねりをくわえたり、デッキをつかむなどの高度なテクニックが見どころ。

   19歳の四十住(よそずみ)さくら選手が金メダル、12歳の開心那(ひらき・ここな)選手が銀メダルを獲得した。「ストリート」に続いて、「パーク」でも日本選手がメダルを獲得したことで、スケートボードの人気は一気に高まり、安全に練習できる施設を求める若者の声が寄せられそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中