2021年 9月 24日 (金)

終わってみたら「メダルが大漁」 日本選手団の活躍とあの感動のスピーチを英語で!【英語で話す東京五輪 その2】(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   17日間にわたり熱戦が繰り広げられた東京オリンピックが閉会しました。新型コロナウイルスの影響で1年延期され、さらに無観客開催という「異例」続きの大会でしたが、蓋を開けてみたら史上最多の33競技が実施され、205の国と地域から1万1000人余りが参加した超ビッグイベントとなりました。

   カール・ルイスやマイケル・フェルプスのような「レジェンド」は誕生しませんでしたが、それでも数々の話題を残した今大会。国内外のメディアを賑わした「あの瞬間」を英語で話してみましょう。

   日本選手団の「メダルラッシュ」、海外メディアはどう報じたのでしょうか?

  • 東京オリンピックには205の国と地域から1万1000人余が参加した(写真はイメージ)
    東京オリンピックには205の国と地域から1万1000人余が参加した(写真はイメージ)
  • 東京オリンピックには205の国と地域から1万1000人余が参加した(写真はイメージ)

競泳・大橋選手は金メダルを「たぐり寄せた」?

   若い選手を中心に、日本チームの活躍が目立った東京五輪。日本のメダル数は、金メダルが27個、銀メダルが14個、銅メダルが17個の合わせて58個となりました。金メダルの獲得数は、1966年の東京五輪、2004年アテネ五輪の過去最多16個を大幅に更新。総メダル数も16年リオデジャネイロ五輪の41個を大きく上回る好記録となりました。

Japan has its best Olympic medal haul: 27 gold, 58 overall
(日本は27個の金メダル、58個の総メダルで、過去最高のオリンピックメダル獲得となった:AP通信)

Japan ends Tokyo 2020 with record medal haul
(日本は記録的なメダル獲得数で東京五輪の幕を閉じた:ロイター通信)

   日本の歴史的な好記録を伝える記事では、「medal rush」(メダルラッシュ)よりも「medal haul」が目立っていました。「haul」「たぐり寄せる」「ひと網の」という意味で「get a fine haul」(大漁だ)という表現でも使われるようです。何となく、「大漁だったぜ!」と沸き立つムードが伝わってきます。

   競泳女子200メートルと400メートル個人メドレーで、大橋悠依(おおはし・ゆい)選手が日本競泳女子初となる2冠を達成した時も、「medal haul」が使われていました。

Ohashi completes double Individual medley Gold-Medal haul with victory in 200-Meter Final (大橋選手が200メートル個人メドレーに勝利して、2つの個人メドレー金メダル獲得を成し遂げた)

   身近な話題を通じて新しい語彙が増えていくのは楽しい経験です。今大会の日本選手団の活躍と共に、「medal haul」という英語表現を心に刻んでおきましょう。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中