2021年 12月 7日 (火)

ついに中国が仮想通貨を禁止! 北京冬季五輪でベールを脱ぐ? デジタル人民元(ひろぴー)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   中国人民銀行(中国の中央銀行)は2021年9月24日に、仮想通貨の関連事業及び取引・マイニング(採掘)を全面禁止すると発表しました。

   しかし、「中国で仮想通貨の禁止」って、毎年のように耳にしませんか?

   今回は、中国と仮想通貨をめぐる「今」をお届けします。

  • 中国で仮想通貨が全面禁止! 今、何が起こっているのか?(写真は、中国・故宮博物館)
    中国で仮想通貨が全面禁止! 今、何が起こっているのか?(写真は、中国・故宮博物館)
  • 中国で仮想通貨が全面禁止! 今、何が起こっているのか?(写真は、中国・故宮博物館)

ビットコイン下落も数日で回復

   今回の仮想通貨規制の名目は「人々の財産を守り、経済・金融・社会の秩序を維持するため、仮想通貨の投機、関連する金融活動、不正行為を断固として取り締まる」としていて、具体的には下記3点の規制が敷かれました。

● 海外取引所の中国向けサービス提供の禁止
● 金融機関、決済会社、インターネット企業の仮説的な仮想通貨の取引禁止
● これらの行為の監視を強化

9月24日、ビットコインが急落した
9月24日、ビットコインが急落した

   この規制発表を受け、ビットコインの価格は一時10%ほど急落しました=上のチャート図参照。

   しかし、その1週間後には価格を500万円台に戻し、さらに上昇を続けています。相場には織り込み済みだったのか、もはや聞き飽きたということなのでしょうか。

【中国の仮想通貨規制年表】
2013年12月:中国人民銀行が金融機関によるビットコインの使用を禁止
2017年 1月:中国人民銀行が中国国内の三大取引所OKCoin、BTCC、Huobiを呼び出し
2017年 9月:仮想通貨交換業者の中国人向けサービスが終了
2018年~19年:マイニング規制、アリペイなどを利用した仮想通貨の取引禁止
2019年 4月:政府が仮想通貨のマイニング禁止の方針を発表
2019年11月:ブロックチェーンは推進するも仮想通貨は禁止を発表
2021年 5月:マイニングの全面禁止
2021年9月24日:中国人民銀行が、仮想通貨に関わる取引を全面禁止すると発表

   中国による今回の規制は、これまでの規制の抜け穴をふさぐ形で、サービス利用者・事業者ともに事実上、仮想通貨を取り扱えなくしました。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中