2022年 5月 21日 (土)

首位走る北大、まだまだ上を狙う 追う専修大はファンダメンタル分析で勝負、着実に詰める明大(第26節)【FX大学対抗戦 Aグループ】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   FX大学対抗戦 Aグループの首位を走る北海道大学の上田晃史さんは、久しぶりのマイナス。ただ、大きな減少ではなかったのが幸い。「来週も狙える場面では狙っていきたい」と意気込む。差なく2位につける専修大学のめがねちゃんさんは、今週(2021年11月15日週)も静観。次週に賭ける。

   明治大学の佐野快斗さんは、着実にプラスを積み重ねる。買いでエントリーしている米ドル円を持ち越した。慶応義塾大学 トリオネアさんは、多忙のため取引を見送った。

  • まだまだ! 明治大学が追う!!
    まだまだ! 明治大学が追う!!
  • まだまだ! 明治大学が追う!!

狙える場面は狙う!(北海道大学 上田晃史さん)

◆振り返り(11月15日~20日)

11月15日週の取引結果は、上表のとおりとなりました。

結果をまとめますと、英ポンド円取引で360円の損失が出て、最終残高は158万2267円となりました。久しぶりにマイナスの取引となりましたが、極端に資金を減らすということもなかったのが幸いでした。

マイナス1万500円とプラス6万8100円の取引における決済のタイミングは同じで、先に10万通貨分だけ買って、さらに10万通貨分の買い注文をしました。初めにインしたタイミングではチャートが下支えのある形で、底値からは多少値上がりしていました。

しかしながら、さらなる上昇トレンド形成に動くだろうと思い、若干の不安ながらも10万通貨分買いを入れてしばらく静観していました。すると、順調に伸びてくれて8万円近い利益が出ていたので、利益を確定しようか迷いましたが、まだいけると思い10万通貨分さらに買いポジションを取りました。

そこから再び夜に確認した時には(指値・逆指値を設定していましたが決済はされていませんでした)一度大きな下げののち上がっていたので、トレンドは終わったなと考え成行で決済注文を入れました。

また、次のマイナス5万7600円の決済となった取引は、結論からいうと、すごく惜しいもので、もう少しで大きな利益をあげられる可能性があるものでした。私は上で書いた取引の後、ショートポジションを持ちたいと考えていました。というのもチャートがヨコヨコになっていましたので、上下のどちらかに大きく動く可能性が高いと予想し、ここらで調整が入るかなと思ってショート(売り)ポジションを20万通貨分で入れました。

指値を約10万円の利益が出るところに、逆指値を6万円ほどの損失が出るところにおいていたのですが、ギリギリのところで逆指値で決済されてしまい、マイナスとなりました。値にして0.050円で、この決済のあとすぐに大きな下げがきて10万円以上の利益を出せていただけに決済画面とチャートを見た時はショックが大きかったです。

後から言っても仕方がないのですが、リスク管理とリターンの痛いところを突かれてしまった取引でした。

来週も狙える場面では狙って、なんとか1位になりたいです!

◆児山将のワンポイントアドバイス
相場とご自身のイメージがかなりマッチしており、売買戦略と判断。そしてトレードも的確ですね。結果的に、2回目の取引は損失となってしまったものの、回数を重ねると利益が伸び続けるような売買戦略を取れているといえます。英ポンドは原油市場で日米中韓英印が国家備蓄放出という協調介入を行い、大きく動いています。またドル円のボラティリティが出てきており、勝負を付けるには持ってこいの通貨というところでしょうか。
1位争いが熾烈ですが、やはり学生対抗戦はポンドを制した人が1位となるのでしょうか。

前週からの損益   マイナス360円
11月19日現在   158万2267円

北海道大学 上田晃史(うえだ あきふみ)
北海道大学 上田晃史(うえだ あきふみ)
北海道大学農学部2年。北海道学生投資研究会に所属。趣味はHiphopに登山、読書。高校1年で株取引のゲームを学校で行い、そのおもしろさにハマる。大学に入学後、自己資金で株式投資を始めて、ちょうど1年。現在は主にバリュー株投資と決算プレーを行う。ただ、FXはデモトレードのみの初心者。
大阪府出身。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中