2022年 1月 19日 (水)

暗い色が多くなりがちな冬 でも大丈夫! コレさえできれば簡単に明るい印象になれる方法(入澤有希子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   いよいよ寒くなってきましたね。冬のコーデは、暗くなりがちです。そこで冬こそ明るい色にチャレンジするための3つのヒントをご紹介します。

   ちょっと冒険と感じる方もいるかもしれませんが、冬の明るい色コーデをマスターして、おしゃれを楽しんでくださいね。

  • 明るい印象になれる冬のコーデはコレ!(写真はイメージ)
    明るい印象になれる冬のコーデはコレ!(写真はイメージ)
  • 明るい印象になれる冬のコーデはコレ!(写真はイメージ)

コートが地味色なら、内側はホワイト

   コートに黒を持ってる人は、多いと思います。黒の他にも、グレーとネイビーはベーシックカラーといって、シーンを選ばず使えますよね。コートで黒を着て、その中に着るニットまで黒やネイビーにしてしまうと、どうしても重たい印象になってしまいます。

   実際、暗い色を着てる方は多いですし、否定するわけではありませんが・・・年齢を重ねてくると、暗い色では、若々しさに欠けてしまいます。そこで、ちょっと思い切って、ホワイトコーデをオススメします!

   ホワイトコーデとは、白いニットに白いパンツやスカートを合わせるコーディネートのことです。

   「白は汚れが気になる?!」と言われる方も多いですが、ロングコートなど長い丈のコートにしてしまえば、外の汚れがつく心配は減りますね。

   ◆ 色物をひとつ!

   冬は暗い色が多くなりがちですが、売り場にはキレイな色のニットやスカートが置いてあります。意外と気づいてないだけ、ということも多いんです。暗い色と色物の相性は、とってもいいですよ。一気に華やかになります。

   また、上記のホワイトコーデを、「ホワイト×色」にするのも、とっても簡単で、すぐに印象が明るくなる方法です。ホワイトを使えば、どんなカラーコーディネートでもさわやかな配色になります。

写真のコーデは、ホワイトコーデと「黒×黄色」コーデ。
写真のコーデは、ホワイトコーデと「黒×黄色」コーデ。
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
パーソナルスタイリスト
美容専門学校・高等学校色彩学講師
ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画スタイリストなどを経験。フリーランスでパーソナルスタイリストをしつつ、最近はベンチャー企業でセカンドOLデビューを果たした。働くママの大変さを実感し、働くママ100人へのインタビュー活動「we MAMA」を立ち上げる。さまざまな働き方があることを伝える活動も実施中。法政大卒。37歳。
ブログ https://ameblo.jp/akiwasa/
ホームページ https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
we MAMA https://note.com/we_mama
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中