2022年 1月 23日 (日)

コロナ禍で2度目のクリスマス到来! ドイツは「2Gルール」で分かれる明暗(高橋萌)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   シナモンの甘い香りや焼きソーセージの香ばしい匂いが漂うクリスマスマーケットが今年(2021年)、ドイツに帰ってきました!

   ただし、ドイツ全土ではありません。

  • クリスマスマーケットに入場する人が守らなければならないルールが書かれた標識
    クリスマスマーケットに入場する人が守らなければならないルールが書かれた標識
  • クリスマスマーケットに入場する人が守らなければならないルールが書かれた標識

Xmasマーケットは1年で最も経済効果の高いイベントだった...

   11月末というクリスマスマーケットがオープンする直前のタイミングで新型コロナウイルス感染の第4波が急拡大。報告された新規感染者数は6万人、7万人と増え続け、特に深刻な状況となったドイツ東部、南部の多くの地域でクリスマスマーケットの中止が発表されました。

   この「クリスマスマーケット中止!」の速報を目にした時、人々の深いため息が聞こえてきたような気がしました。

   暗い冬を明るく照らし、憂鬱な気持ちを吹き飛ばすクリスマスの行事は、ドイツの人々にとって最も大切な行事です。そして、精神的な拠り所であるだけではなく、経済的にも大きな意味を持つイベントなのです。

   通常なら、クリスマスマーケットはドイツ全土およそ2500か所で開催され、合計の売上高は50億ユーロ(約6400億円)以上とも推計されます。ドイツ国内外から約1億6000万人の来場者が押し寄せるクリスマスマーケット期間中は、ホテルやレストランも賑わい、観光業や小売業など周辺の経済圏にも大きな恩恵をもたらしていました。

   なかでもトップの来場者数と売り上げを誇るクリスマスマーケットがドレスデン、ニュルンベルク、ミュンヘンという、今年中止が決まった地域のマーケットでした。

   クリスマスの屋台を出店する人は、年間売り上げの3分の1をクリスマスマーケットで稼ぎ出しているという話もあるくらいの稼ぎ時であり、彼らにとって2年連続での中止はまさに死活問題です。 昨年(2020年)はドイツ全土でクリスマスマーケットが中止され、「バーチャル・クリスマスマーケット」を開催したところもありました。

   「木のおもちゃの村」と呼ばれるザイフェンは、今年もバーチャルにクリスマスマーケットを開催。この小さな山間の村は、くるみ割り人形やクリスマスピラミッドなどハンドメイドのクリスマス雑貨で有名です。

   バーチャル屋台に入り、気になる商品の写真をクリックすると、出品者のオンラインストアから直接購入できるようになっていて、すでに150万人を越える人が来訪。ザイフェンの商品を買って職人たちを応援できるシステムです。

高橋 萌(たかはし・めぐみ)
高橋 萌(たかはし・めぐみ)
ドイツ在住ライター
2007年ドイツへ渡り、ドイツ国際平和村で1年間の住み込みボランティア。その後、現地発行の日本語フリーペーパー「ドイツニュースダイジェスト」に勤めた。元編集長。ドイツ大使館ブログでは「ドイツ・ワークスタイル研究室」を担当。サッカー・ブンデスリーガ大好き。日本人夫とバイリンガル育児に奮闘中。
Twitter: @imim5636
神木桃子(こうぎ・ももこ)
神木桃子(こうぎ・ももこ)
ドイツ在住ライター
島根県生まれ、東京・多摩育ち。物事の成り立ちを知りたいと大学では有機化学を専攻。小売業界でのオーガニック製品や地域産品のバイヤーを経て、2014年よりドイツに移住。「もっと心地よくグリーンな暮らしへ」をテーマに、ドイツのマーケット情報やトレンド、ライフスタイルについて執筆活動中。3歳になる娘と日本人の夫との3人暮らし。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中