2022年 1月 28日 (金)

お金に働いてもらおうぜ!「運用」は特別なことではありません リスクの世界にようこそ!【下】(小田切尚登)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   運用についての話をすると、

「私は運用には興味がありません」
「私にはそんな能力がないので」

   といった反応を受けることが多い。

   なかには、

「カネのことを考えるのははしたない」
「カネのことなど妻(夫)とさえ話したことがない」

   という人がいる。

   これはとんでもない間違いである。我々が真っ当に生きていくのに最も基本となるのは一つはカネ、もう一つは人間関係である。その二つに真剣に向き合わない人に人生の成功はおぼつかない。

   考えてみて欲しい。将来はこういうことになるのだから......。

  • 「継続は力なり」である!</p>
    「継続は力なり」である!

  • 「継続は力なり」である!</p>

我々の究極の目標は「サバイバル」である

【その2】長い目で考えていく

   我々の究極の目標はサバイバルである。「死なないこと」と言い換えても良い。ああしたい、こうしたい、といくら思ったって、命を失ってしまったら終わりである。すべては「生きてナンボ」ということだ。

   運用の目標も基本的には同じである。運用によって資産が大きく増えていけばもちろん素晴らしいが、そこまで行かなくともじっくりと時間をかけて運用していけることが目標となる。長い間続けていけば、いつの日かチャンスを大きなつかめる可能性も出てくる。「継続は力なり」である。

   本気で投資をしようとしたら最低でも10年の期間は腰を落ち着けて頑張れるようにしないとだめだ。世界を代表する投資家のウォーレン・バフェットは10代から投資をしているが、彼が10億ドルを超える資産を築いて世界的な投資家をして名をはせるようになったのは50代半ばになってからである。

   大事なのは、日々の生活に追われる思考形態を捨てて、長い目で人生を見ていくこと。そうすればおのずと持続力と計画性が身につくだろう。人生に波があるように、相場も上がることもあれば下がることもある。ちょっと損をしたらパニックになってしまうようなメンタルでは、投資は無理だ。「失敗は人生の糧となる、命を失わない限りは」と言ったのは確かニーチェだったと思うが、失敗は後から振り返れば、必ず良い経験になる。我々は成功体験からは学べず、失敗からしか学べない。

   逆に言うと、失敗をいろいろとしたとしても「致命傷にはしない」ということが大事になる。今の世の中はコロナ禍などの問題もあるが、全体的にはまずまず平穏に過ぎてきている。しかし歴史を振り返ると、世界経済そして日本経済は怒涛のような時代の繰り返しであった。我々の先達は戦争、大恐慌、さまざまな気象異常、コロナ禍より遥かに深刻な感染症...... といった危機を何度も経験してきた。

   私の世代だと1990年をピークとするバブルとその崩壊を知っているが、当時が如何に異常な状況だったかは経験した人でないとわからないだろう。こういう事象は将来いつかまた必ず起きるに違いない。これらにうまく対応できる態勢を今から作っておくことが非常に大事になる。

   近視眼的な見方に陥ってしまって短期的な動きに過度に影響される人は、結局のところ「その日暮らしの人生」を送っているに過ぎない。コロナ禍になろうとも、株価が下がろうとも、自然災害が起ころうとも我々は生きていくしかない。その先に豊かな未来を築けるかどうか。そのベースになるのが長期的な視野に立った運用なのである。

小田切 尚登(おだぎり・なおと)
小田切 尚登(おだぎり・なおと)
経済アナリスト
東京大学法学部卒業。バンク・オブ・アメリカ、BNPパリバなど大手外資系金融機関4社で勤務した後に独立。現在、明治大学大学院兼任講師(担当は金融論とコミュニケーション)。ハーン銀行(モンゴル)独立取締役。経済誌に定期的に寄稿するほか、CNBCやBloombergTVなどの海外メディアへの出演も多数。音楽スペースのシンフォニー・サロン(門前仲町)を主宰し、ピアニストとしても活躍する。1957年生まれ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中