2022年 6月 29日 (水)

もし、ロシアがウクライナ侵攻したら...外国為替市場はどうなる?(志摩力男)

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

   ウクライナ情勢が緊迫化しています。

   米国のバイデン大統領は数日前の会見で、ロシアのプーチン大統領は「ウクライナを侵攻するだろう( I think Putin will "move in")」と発言しました。米国はウクライナの米大使館員家族に退避命令を出しています。

   個人的にはロシアによる大規模なウクライナ侵攻はないと思っています。それは、まったくコストに合わないからです。確率的には10~20%ぐらいでしょうか。しかし、意味もなく大規模な軍隊を駐留させるわけもありません。

  • ウクライナ情勢が緊迫化……(写真は、ウクライナ・キエフを走る路面電車)
    ウクライナ情勢が緊迫化……(写真は、ウクライナ・キエフを走る路面電車)
  • ウクライナ情勢が緊迫化……(写真は、ウクライナ・キエフを走る路面電車)

緊張高まれば、英米ロ首脳の支持率アップ?

   プーチン大統領の主張は一応、一貫しています。そもそも、NATO(北大西洋条約機構)を東方拡大しないことを、米国が「口約束」したから、ゴルバチョフは東西ドイツ統合に合意しました。しかし、欧米はその約束を破り、旧東ヨーロッパ諸国にNATO拡大、それはロシアの存立に大きな問題だということです。

   ウクライナがNATOに加盟しないこと、NATOがこれ以上東方拡大しないことを条文にして約束してもらいたい。でも、これは欧米としても飲めない条件です。ブリンケン米国務長官は、正式にロシアに文書で回答し、拒否しています。

   プーチン氏の本当の意図はどこにあるのか。それはプーチン氏にしかわかりませんが、緊張が高まることは、政治家の人気を上昇させます。プーチン氏は2024年に選挙があります。支持率は依然高いですが、それは60%前後にまで落ちており、かつてのように80%を超える支持率ではありません。

   2013年頃もプーチン氏の支持率は落ちていましたが、クリミア併合で一気に80%を以上となりました。今回も緊張が高まれば、プーチン氏への支持率は上昇するでしょう。

   事情はバイデン大統領も同じかもしれません。バイデン大統領はアフガニスタン撤退のお粗末さで支持率を大きく落とし、今はインフレの高進に40%前後へと支持率を落としています。このままいけば、今年の中間選挙で民主党は負けます。

   英国のジョンソン首相も同様で、コロナ禍での首相官邸内でのパーティーで支持率を大きく落としました。

   3者ともに緊張が高まれば、その恩恵を受けるという事情は似ています。そうなると、意外とこの緊張は長期化するかもしれません。

志摩力男(しま・りきお)
トレーダー
慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券など大手金融機関でプロップトレーダー、その後香港でマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現役トレーダーとして活躍中。
最近はトレーディング以外にも、メルマガやセミナー、講演会などで個人投資家をサポートする活動を開始。週刊東洋経済やマネーポストなど、ビジネス・マネー関連メディアにも寄稿する。
公式サイトはこちら
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中