2022年 6月 30日 (木)

転職活動は、働きながら?退職してから? どっちが「お得」か...これだけ違うメリット&デメリット

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「この会社、辞めたいなあ~」とお悩みのアナタ。

   新しい仕事を探すときに気になるのは、転職活動は働きながら続けたほうがいいのか、それとも退職してから始めたほうがいいのか、である。それぞれにメリット、デメリットがあるのだから。

   転職支援サービスの「ビズヒッツ」(三重県鈴鹿市)は、「働きながら転職活動をするメリット・デメリット 男女500人アンケート」「仕事を辞めてから転職活動をするメリット・デメリット 男女500人アンケート」という、まさに疑問に答える2つの調査結果を2022年2月に発表した。どちらが「お得」か、参考にしてはどうだろうか。

  • 転職に成功してよかった!(写真はイメージ)
    転職に成功してよかった!(写真はイメージ)
  • 転職に成功してよかった!(写真はイメージ)

働きながらの転職活動は「お金と気持ち安定」

   両調査とも、実際の体験者それぞれ500人に聞いたアンケートをもとにしているので、実感がこもっている。まず、「働きながら転職活動をするメリット・デメリット」をみると、「収入がある安心感」というメリットがある一方、「現職との両立が大変」というデメリットがあることがわかる。

   具体的なメリットのダントツの1位は「収入が途切れない」だった=図表1参照。2位「精神的なゆとりがある」、4位「転職に失敗しても安心」、5位「じっくり転職活動できる」といった回答も、収入が安定している安心感から生まれたと推測できる。こんな体験談が聞かれた。

(図表1)働きながら転職活動をするメリット(ビズヒッツ作成)
(図表1)働きながら転職活動をするメリット(ビズヒッツ作成)
「収入が途絶えないので、生活苦に陥らなくてすむ」(転職時35歳・女性)
「収入を確保したままで転職先を探せる」(同43歳・男性)

   金銭的な不安のない状態だと気持ちに余裕ができるし、家族に心配や負担をかけることもない。じっくり冷静に転職活動に取り組めることが、働きながら転職する最大のメリットだ。

   2位の「精神的なゆとりがある」でもこんな意見が寄せられている。

「身の振り方が決まってから辞めるほうが現実的です。安心感が違います」(33歳・女性)

   「仮に転職先が見つからなくても現職にとどまれることから、安心して転職活動できる」という人が多く、「あとがない」状態ではないため、不採用通知を受けたときのダメージも少し和らぐ、というわけだ。

働きながら転職活動をすると収入面が安心(写真はイメージ)
働きながら転職活動をすると収入面が安心(写真はイメージ)

   また、同率で2位だったのが「ブランクができない」だった。こんな意見に代表される。

「退職後すぐに新しい会社で働ける」(26歳・女性)
「キャリアに穴が開かない」(33歳・女性)

   職務経歴に空白ができないし、失業中に生活リズムが崩れてしまう心配もない。また、「離職期間がないと、年金や保険の手続きもラクになる」という声もあった。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中