2022年 8月 11日 (木)

変化の時代を生き抜くために...「学び」こそが武器になる!【尾藤克之のオススメ】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   先行きが不透明な時代でも「長く」うまくいき続けるためには、良質な学びは欠かせません。ただし、学びといっても、「やみくもにセミナーに行きましょう」「とにかく資格をとりましょう」ということではありません。しっかりと目的をもち、学んでいく姿勢が必要です。

「お金に困らない人が学んでいること」(岡崎かつひろ 著)すばる舎
  • お金に困らない人生を歩む方法とは
    お金に困らない人生を歩む方法とは
  • お金に困らない人生を歩む方法とは

面白くなければ頑張れない!!

   「勉強する時間があったら、遊びたい」――。このように考える人は多いはずです。人は学ぶことより遊びを優先したいし、努力よりもラクをしたいものです。著者の岡崎さんは過去を振り返り、次のように述べています。

「学生時代、一番楽しかったのは部活動と麻雀。授業をサボっては麻雀で遊び、部活動だけはまじめにやる。一度だけ勉強にハマったこともあります。大学1年生のころに『1年間、真剣に勉強に取り組んだらどうなるだろうか?』と思い、すべての授業を最前列で聞き、ノートを真剣にとり、ほぼすべての教科でA評価を得ることができました」(岡崎さん)
「しかし、何も変わりませんでした。残念ながら、勉強の面白さも、勉強できるようになることで得られる価値もわからずに終わってしまったのです。なぜなら、勉強するために勉強をしてしまったからです。『このまま続けても、たいしたことは得られないな』と思い、勉強ではなく、バーテンバーのアルバイトに真剣に取り組むようにやりました」(同)

   人は、面白いことのほうが頑張ることができます。岡崎さんは、真剣にバーテンダーをきわめようと考えて、数百種類のカクテルを必死に覚えていきました。

「頑張ることができた理由は、お客さまに喜んでもらうことがとても楽しく、やりがいがあったからです。さらに、頑張った分だけ給料がもらえる。これほど幸せなことはありませんでした。つまり、学ぶということにおいて大事なポイントは『その先に何が得られるかをイメージできているかどうか』ということです」(岡崎さん)

   頑張った先に報われるというイメージがあれば、ワクワクもできます。面白さやワクワクこそ、学びの大きな原動力になる、ということでしょう。苦手な勉強や努力も、その先の姿がイメージできれば行動につながりやすいのです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中