2022年 6月 29日 (水)

外泊で値引き、定額制で自由に住める...個人のニーズに対応する賃貸住宅の新スタイルいろいろ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   外泊したら家賃が値引きされたり、定額制でさまざまな地域に移り住めたりするなど、多様な形の賃貸住宅が増えている。

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあって、働き方やライフスタイルが急速に変化するなか、個人の多彩なニーズに対応しようという動きの一環といえる。

  • 新サービスが続々…賃貸住宅が多様化している(写真はイメージ)
    新サービスが続々…賃貸住宅が多様化している(写真はイメージ)
  • 新サービスが続々…賃貸住宅が多様化している(写真はイメージ)

外泊した日は部屋をホテルに貸し出し

   東急などが2022年3月から拡大展開を始めた賃貸住宅「Re-rent Residence(リレントレジデンス)」が注目されている。

   入居者が外泊した日は、その部屋をホテルとして貸し出すことができ、外泊日数に応じて家賃が減額されるという斬新なシステムだ。2021年夏に東京都渋谷区で始めたところ、募集した部屋数の約5倍の問い合わせがあるなど好評で、新たに墨田区でも実施することにした。

   入居者は外泊する際に事前にアプリで申請し、運営側のスタッフが宿泊者を探す。たとえ宿泊者がいなくても入居者の家賃は減額される。墨田区の物件の場合、1日の外泊で3000円が差し引かれ、月15日まで適用される。家賃が月11万2000円の部屋なら、15日外泊すれば4万5000円が引かれ、実際の家賃は月6万7000円になる。

   外泊する日は運営スタッフが部屋を清掃し、入居者の私物は鍵付きの収納に保管できる。東急は今後、対象物件を拡大したい意向だ。

   定額料金で、好きな場所の賃貸住宅に自由に住むことができる会員制のサブスクリプションサービスも広がっており、「アドレス」や「クロスハウス」など、事業者は増えている。

   アドレスの場合、月4万4000円を支払えば、日本各地の140か所以上の物件に住み放題という。空き家をリノベーションして有効活用しているのもアドレスの特色だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中