2022年 7月 5日 (火)

株価に影響! 急激な円安、いま起こっていること【馬医金満のマネー通信】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   2022年3月28日週は、円相場の急落からのスタートで、一時1ドル=125円10銭を付けました。これは、およそ6年7か月ぶりの円安水準となります。

   円安にはメリットとデメリットがあります。メリットは、投資をしていれば、海外資産の価値が相対的に上がりますし、海外で日本製品が売りやすくなるため、輸出産業の業績が伸びやすいことがあります。その半面、デメリットは輸入品が高くなるので、輸入に頼っているエネルギー資源が値上がってしまいます。また、輸入コストが高くなり、輸入産業の業績が落ち込みやすくなります。

   円安で、なにが起こっているのでしょうか――。

  • 急激な円安ドル高、なぜ???
    急激な円安ドル高、なぜ???
  • 急激な円安ドル高、なぜ???

加速する円安 きっかけは日銀?

   外国為替市場で円安が加速しています。ウクライナ危機のさなか、かつては災害や金融危機などで市場のリスクが高まると、円が買われる「有事の円買い」が見られましたが、今回はそんな動きはありません。

   直接的な要因は、米国の利上げです。その経緯を追ってみると、米連邦準備制度理事会(FRB)が3月16日、インフレを抑えるために0.25%の幅の利上げを決めました。これが、長く金融緩和を続ける日本との金利差の拡大が見込まれ、より高い運用益が期待できる(金利が高い)ドルを買って円を売る動きが広がったわけです。

   さらに、日本銀行の黒田東彦総裁が3月18日の記者会見で「円安が経済にプラスに作用しているという構図に変わりはない」と、改めて円安の是正に消極的な姿勢を示したことも、円安を後押ししました。

   そして、3月28日です。外国為替相場が大きく変動したきっかけは、日本銀行が債券市場で長期金利の上昇を抑え込もうと、初めて「連続指値オペ(オペレーション)」に踏み切ることを発表したことが挙げられます。

   「連続指値オペ」というのは、指定した利回りで国債を無制限に買い入れることで、事実上さらなる金利の上昇をブロックする強力な措置です。

   金利の低いままの日本円は売られ、より利回りが見込める米ドルに資金が向かいました。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中