2022年 5月 18日 (水)

2023年卒就活生の内定率早くも4割! ハイペースで囲い込むIT系...小売、医療福祉、サービス業も続々決まる

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2023年卒大学生・大学院生の就職活動が本格化している。新型コロナウイルスの拡大が一段落したこともあり、企業側も過去2年間、思うようにできなかった若い人材確保の挽回に懸命だ。

   そんななか、リクルートの就職・採用関連の研究機関「就職みらい研究所」が2022年4月7日、2023年卒大学生・大学院生を対象にした就活状況を調べた「2022年4月1日時点 内定状況」を発表した。

   4月1日時点で早くも内定率は約4割に達し、昨年を上回るハイペースで進んでいる。

  • 「内定がとれた!」と大喜びの大学生(写真はイメージ)
    「内定がとれた!」と大喜びの大学生(写真はイメージ)
  • 「内定がとれた!」と大喜びの大学生(写真はイメージ)

IT企業の内定率がダントツ、理系・女性の内定率やや高め

   それによると、就職内定率(大学院生を除く)は38.1%で、同じ時点の昨年(2022年卒対象)の28.1%に比べ、10.0ポイントも上回る早いペースだ=図表1参照。理系が41.7%と、文系の36.5%を5.2ポイント上回っている。また、女性(38.5%)のほうが男性(37.7%)より内定率がやや高いことが目につく。

(図表1)就職内定率(就職みらい研究所の作成)
(図表1)就職内定率(就職みらい研究所の作成)

   内定取得先の業種をみると、情報・通信業が29.4%と、ダントツに高いことが特徴だ=図表2参照。ITスキルを持つ人材は、世界的に奪い合いが熾烈(しれつ)だ。とくに、優秀な学生は早くから海外から誘いの手が伸びるため、IT系企業が積極的に「囲い込み」に動いているからだろうか、選考も早く進むようだ。続いて、小売業(15.3%)、医療福祉業(12.8%)、サービス業(10.8%)、機械器具製造業(10.4%)と続く。

(図表2)4月1日時点の内定取得先企業の業種(就職みらい研究所の作成)
(図表2)4月1日時点の内定取得先企業の業種(就職みらい研究所の作成)

   内定を取得した企業数をみると、平均1.85社で、1社が55.3%と一番多いが、4社以上が計8.5%もおり、優秀な学生は早くから複数の企業から内定をもらっていることがわかる=図表3参照。一方、内定辞退企業数をみても、2社以上という人が9.4%おり、就職先の決め込みに入った人が少なくない。

(図表3)内定取得企業数(就職みらい研究所の作成)
(図表3)内定取得企業数(就職みらい研究所の作成)

   また、今年1月~3月の各就職活動の実施率をみると、「就職に関する情報を収集した」(88.3%)、「エントリーシートなどの書類を提出した」(83.1%)、「適性検査や筆記試験を受けた」(78.6%)、「Web上での面接を受けた」(65.5%)、「インターンシップに参加した」(58.5%)などが上位に並び、就活も佳境の段階に入った人が多いことがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中