2022年 5月 21日 (土)

「3K」は過去の話? 現場仕事の喜びとツラさ...調査でわかった「新3K」(給与・休暇・希望)の真実

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   最近は女性の進出も著しい「建築」「建設」「鳶(とび)」「解体」「電気工事」といった現場仕事。かつては「3K」(きつい・汚い・危険)などといわれて、マイナスイメージがつきまとったものだが、いまはどうなのか。

   転職支援サービスの「ビズヒッツ」(三重県鈴鹿市)が、現場仕事のメリットとデメリットの生の声を経験者から聞いた「現場仕事できついことランキング」(4月14日付)という調査を2022年4月14日に発表した。

   近年の建築・建設業界では「新3K」を打ち出すところが多い。すなわち、「給与・休暇・希望」である。調査から見える現場仕事の「新旧3K」の姿とは...。

  • 現場で働く喜びとは(写真はイメージ)
    現場で働く喜びとは(写真はイメージ)
  • 現場で働く喜びとは(写真はイメージ)

「健康的になれて、達成感・充実感がある」

   ビズヒッツのプレスリリースでは、「現場仕事できついこと」の調査結果を先に掲載しているが、ぜひここは仕事をボジティブにとらえ、「現場仕事をしてよかったこと」の調査結果から先に紹介したい。

   現場仕事の経験者に「よかったこと」を聞くと、1位「体力がつき健康的になった」と、2位「達成感・充実感がある」が、3位以下を大きく引き離した=図表1参照。この2つは、現場仕事の醍醐味といえるだろう。

(図表1)現場仕事をしてよかったこと(ビズヒッツ作成)
(図表1)現場仕事をしてよかったこと(ビズヒッツ作成)

   1位の「体力がつき健康的になった」人からはこんな経験談が聞かれた。

「健康的な体になれた」(18歳・男性)
「早寝早起きで健康にいい。太らない」(24歳・女性)
「上半身にパッと見でも分かるぐらいの筋肉がついたことでしょうか」(37歳・男性)

   「身体が鍛えられた」「早起きが習慣になった」などの意見も寄せられている。たとえば、ジムでトレーニングしなくても健康的な生活や体を保ちやすくなるのは、体を動かす仕事だからこそのメリットだ。

   「現場仕事を経験してからは休日も身体を動かしたくて仕方なくなり、転職後もランニングしている」と、プライベートの習慣が変化した人もいた。8位以下に「仕事後のご飯がおいしくなった」という声もあり、事務職系の仕事ではちょっと味わえないよさだろう。

人の役に立っているという充実感がある(写真はイメージ)
人の役に立っているという充実感がある(写真はイメージ)

   2位の「達成感・充実感がある」人からはこんな声があがった。

「汗をかいて何かをやり遂げる充実感がありました」(20歳・男性)
「完成した物件を見ると『やった!』という気持ちになります」(31歳・女性)
「『人々の生活に役立っているんだな』と思いました」(43歳・男性)

   とくに、建設・建築の現場では「実際に建物や施設ができあがったときの達成感」を挙げた人が目立った。「仕事がかたちになって残る」「クライアントからの感謝の言葉がうれしい」のは大きなメリットだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中