2022年 7月 3日 (日)

キャンドゥ社員の平均年間給与425万円 流通大手、イオンの連結子会社化でなにが変わった?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、100円ショップ「Can☆Do」を運営するキャンドゥです。

   キャンドゥは1993年、埼玉県戸田市に100円ショップのフランチャイズ(FC)店への卸売業、および直営店の小売業を事業とした会社として設立されました。2003年に東証二部上場、2004年に東証一部に指定替え。2022年1月にイオンの連結子会社になりました。

  • 100円ショップの「キャンドゥ」が流通大手イオンの傘下入り(写真はイメージ)
    100円ショップの「キャンドゥ」が流通大手イオンの傘下入り(写真はイメージ)
  • 100円ショップの「キャンドゥ」が流通大手イオンの傘下入り(写真はイメージ)

10期連続増収も営業利益は右肩下がり

   それではまず、キャンドゥの近年の業績の推移を見てみましょう。

   キャンドゥは、コロナ禍でも増収を続けています。2021年11月期は前期比0.1%増の731億3000万円で、かろうじて10期連続増収を達成しました。

   一方、営業利益は右肩下がりが続いています。2021年11月期は4期前の半分以下となる9億6400万円にまで落ち込み、営業利益率は1.3%に悪化しています。

   業績伸び悩みの要因としてキャンドゥは、コロナ禍による「大都市店舗の売上減少、テナントとして出店している商業施設の営業時間の短縮」などをあげています。

   なお、2022年11月期の業績予想は、売上高が前期比4.9%増の767億円、営業利益が同9.9%増の10.6億円となる見込みです。

   ちなみに、競合のセリアの2021年3月期決算は、売上高が2006億8200万円(キャンドゥの2.7倍)、営業利益が212億6900万円(同22倍)。営業利益率は10.6%で、キャンドゥより9.3ポイントも高いです。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中