2022年 12月 10日 (土)

大谷翔平99号ショータイム「グランドスラム」に唖然! ライバルたちも大騒ぎな「異常事態!」(井津川倫子)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米大リーグ・エンゼルス大谷翔平選手の勢いが止まりません!

   先日は本拠地レイズ戦に「3番・DH」で先発出場して、5号ソロ、6号満塁弾と2打席連続本塁打を放つ大活躍。この2発で大リーグ通算の本塁打数が99本となり、松井秀喜選手(175本)、イチロー選手(117本)に続く、日本人3人目の100号達成まであと一歩に迫りました(2022年5月12日現在)。

   しかも、満塁本塁打は自身のキャリアで「初めて」だったそうですが、「two-way」(二刀流)の活躍ぶりに、ライバルたちは「異常だ!」と大騒ぎしています。

  • 100号到達も時間の問題でしょう!(写真はイメージ)
    100号到達も時間の問題でしょう!(写真はイメージ)
  • 100号到達も時間の問題でしょう!(写真はイメージ)

「大谷翔平選手のおかげで忘れられないシーズンになる」

   先日のレイズ戦で満塁本塁打を放ってチームの勝利に貢献した大谷選手。満塁本塁打はプロ野球日本ハム時代を通じて初めてで、1試合2本のホームランを打ったのは通算8回目だったそうです。この大谷選手の「快挙」を、地元メディアも興奮気味に伝えていました。

Shohei Ohtani hits first grand slam as a professional
(大谷翔平選手が、プロ選手として自身初となる満塁本塁打を放った:米CNNテレビ)
grand slam:満塁ホームラン

   今回のニュース、個人的に一番驚いたのは、「grand slam」(満塁本塁打)という英語でした。「grand slam」(グランドスラム)は、テニスの4大大会制覇のことだと思っていましたが、「満塁本塁打」も「グランドスラム」なのですね。「すべての大会に勝つ」とか「すべての塁を制する」という意味のようですが、大谷選手のおかげでボキャブラリーが1つ増えました!

   地元CNNテレビは、「グランドスラム」だけでなく、大谷選手が大リーグ史上初めて「1番・開幕投手」として開幕戦に出場したことにも触れながら、次のように絶賛しています。

From one magnificent feat to another, Shohei Ohtani is having a season to remember.
(偉大な功績から次の功績へ。大谷翔平選手のおかげで忘れられないシーズンになる)
feat:功績

   今シーズンは始まったばかりですが、早くも「歴史に残るシーズンになるだろう」と予測。たしかに、次々と記録を塗り替えそうな勢いの大谷選手ですが、「make history」(歴史を作る)の表現もすっかり定着してしまったようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中