職場でも、家庭でも...「感じがいい人」どこが違うのか?【尾藤克之のオススメ】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「周囲の人にいい印象を持ってもらいたい」。そう考えたことは一度や二度ではないはず。ではどうしたら第一印象をよくして、感じのいい人と思ってもらえるのでしょうか?

   感じのいい人には、共通した「言い方」の特徴があります。今回紹介する一冊は、心理学やコーチング理論に基づいた人との距離を縮める「かわいい言い方」を紹介しています。

「なぜか感じがいい人のかわいい言い方」(山崎拓巳 著)サンクチュアリ出版

「感じよく」お誘いを断るテクニックとは

   忙しくて時間が取れないときや、気乗りしないときもあるかもしれません。でも、パーティーイベント、飲み会などのお誘いを受けたときは、できるだけ参加したほうがいいでしょう。誘われるということは、そこに自分にとって有益な「縁」と「ヒント」が隠されているかもしれないからです。行こうかどうしようか迷ったら、参加したほうが得策です。

「事情によって、どうしても参加できないときもあります。そんなときはどんなふうにお断りすれば、相手に感じよく伝わるのでしょうか。なかには『行けない理由』を一生懸命説明しようとする人がいます。相手に対する申し訳ない気持ちがそうさせるのだと思いますが、これはきっと逆効果でしょう。『あなたとの予定よりも、こちらの予定の方が私にとっては価値が上だ』という考えを強調するだけだからです」(山崎さん)
「それよりも一生懸命伝えるべきは『行けなくて残念な気持ち』なのです。行きたかったのに残念です。ああすごく悔しいな。なんでよりによって日程がかぶっちゃっているんだろう。次があったら絶対誘ってください、という具合に。断る残念さを伝えることによって、むしろ関係がよくなったら最高ですね」(同)

山崎さんが提唱する「言い方」はこちら!
〇大人の言い方:こういう理由で行けないのです。
〇かわいい言い方:行けなくてすごく残念です。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト