2024年 3月 5日 (火)

ローソン、「業績好調」成城石井を上場...売却益は、熾烈コンビニ事業の「成長投資」に

   ローソンが、100%子会社の高級食品スーパー「成城石井」(横浜市)を東京証券取引所に上場させる。

   成城石井のプラーベートブランド(PB)商品をローソンで扱って売り上げアップを図るなどしたが、思ったような効果はなかった。成城石井は独自に成長させ、ローソンは保有株式の売却益を主力のコンビニ事業の成長投資などに振り向ける。

  • 成城石井が上場
    成城石井が上場
  • 成城石井が上場

成城石井の直近3期の決算...売上高、当期利益ともに右肩上がり

   ローソンが2022年9月9日、成城石井が東証上場を申請したと発表した。最上位市場である「プライム」への上場を想定しているとみられる。

   成城石井は1927年創業で、現在、首都圏を中心に約200店舗を展開する。自社の工場で製造した総菜やPB商品に強みがあり、独自の直輸入ワインなど高品質な商品の評価も高く、近年は西日本にも出店している。

   2020年2月期から22年2月期までの直近3期の決算を見ると、売上高はコロナ禍のなかでも937億円、1034億円、1092億円と順調に伸ばし、当期利益も53億円、65億円、73億円と増収増益を記録。ローソンの子会社の中では稼ぎ頭になっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中