2022年 11月 30日 (水)

一般公道使うEV版「F1」、東京都が誘致へ...小池知事が表明 日産に次ぐ参戦期待も、コース選定など課題

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京都が電気自動車(EV)のモータースポーツ「フォーミュラE」の開催を目指していることがわかった。小池百合子知事が2022年9月20日の東京都議会で明らかにした。

   小池知事は「わが国の産業界では、バイクの完全EV化を目指す動きも出てきました。世界各国で環境規制が厳格化する中、ZEV(ゼロ・エミッション・ビークル=排ガスゼロ車)へのシフトをさらに急がなければなりません」と所信表明で発言。「その起爆剤ともなり得る世界最高峰の電気自動車レース『フォーミュラE』の2024年の開催を目指し、関係者と協議を進めてまいります」と述べた。事実上の誘致宣言だ。

  • 東京都での「フォーミュラE」の開催、実現なるか?(写真はイメージ)
    東京都での「フォーミュラE」の開催、実現なるか?(写真はイメージ)
  • 東京都での「フォーミュラE」の開催、実現なるか?(写真はイメージ)

脱炭素に向けた「環境重視」都政のアピールに

   「フォーミュラE」とは、フォーミュラEは「F1」の愛称で親しまれる、モータースポーツの最高峰「フォーミュラ1」のEV版だ。国際自動車連盟(FIA)が主催する新たなモータースポーツとして2014年にスタートした。

   排気音や排気ガスを出さないEVの特徴を生かし、レースは原則として市街地の一般公道を閉鎖して行う。現在は「フォーミュラE世界選手権」として各国を転戦。今シーズンはメキシコシティー、ローマ、モナコ、ベルリン、ジャカルタ、マラケシュ(モロッコ)、ニューヨーク、ロンドン、ソウルなどで開催している。

   東京都とすれば、韓国ソウルでもフォーミュラEを開催していることから、自動車大国・日本の首都として誘致を目指すのは当然といった判断とみられる。小池知事が取り組む脱炭素化に向けた環境重視の都政をアピールするねらいもあるだろう。

   一般公道を一時閉鎖し、クローズトコースとして使用するレースはF1モナコグランプリなどが知られる。サーキットを新設する費用や維持費がかからず、市街地コースとなるため、集客効果も高いといったメリットがある。

   東京都内では2015年に六本木、16年に丸の内の一般公道を閉鎖し、民間団体がフォーミュラEのデモ走行を行ったことがある。

   フォーミュラE世界選手権に出場するレーシングドライバーが走行したが、「安全を鑑みて徐行レベルのスピード」(主催者)だった。それでもフォーミュラEへの関心は高く、これまで東京、横浜など複数の自治体が開催候補地として浮上していた。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中