2024年 2月 23日 (金)

あらゆる投資詐欺から身を守るには?...「情報感度」高めよう!【尾藤克之のオススメ】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   こんな誘いを受けたことはありませんか?

これは、みんなが知らない特別な投資案件の案内です!
あなただけ、特別オファーのご招待です!
平均10%超、高利回りの案件を紹介します!

   ここで一番危険ないのがまったく経験がない、でも、「投資用語」の意味がわかる人です。「高利回り」と言われても、そもそも意味がわからなければ、食指が伸びることはありません。今回紹介するのは、人気の税理士が教えるわかりやすい「マンガお金の授業」です。

「貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください!」(大河内薫 著、若林杏樹 著)サンクチュアリ出版

身を守るための3つのポイント

   投資詐欺から身を守る3つのポイントが存在します。まず、1つ目が「相場」を知ること。あのバフェットでも平均利回り20%と言われていますから、我々のような見ず知らずの素人に有益な情報が持ち込まれることなど希少です。考えればわかることです。

   2つ目が「絶対に売れる」というキーワード。商品がよければ、あなたに紹介されなくても勝手に売れていくものです。たとえば、最近では「ヤクルト1000」が爆売れして、ネット上などでは定価の数倍で取引されていました。消費財は消費者がこぞって購入しますが、金融商品で「絶対に売れる」を探し出すことは困難でしょう。

   3つ目が「ポンジスキーム」です。ポンジスキームは高額利回りで出資者を集めます。たとえば、1口100万円(利回り30%など)で最初は配当をおこないます。これは、自分が出資したお金を返してもらっているだけなのです。出資者が増加してお金が集まりきったらドロンです。投資詐欺の多くがこの手法だと言われています。

   情報収集する際に、眉唾物の情報を耳にすることが増えました。自称メタバース専門家やNFTプロ詐欺師の人たちは、専門的で一般人が理解しにくい難解な言葉を巧みに使います。さらに、政治家の〇〇先生の知り合い、○○社の社長もやっているとか、著名人や有名企業の名前を巧みに利用します。

   話を聞くと、ロジックが破綻しているものが少なくありません。ひと頃、バーチャル展示会などがもてはやされた時期がありましたが、全然ダメでしたね。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中