2024年 3月 2日 (土)

注目の「得意を売り買い」、スキルの「マーケットプレイス」運営するココナラ...社員の平均給与はいくら? 気になる業績推移や平均勤続年数もチェック!

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、個人の知識やノウハウをオンラインで売り買いできる日本最大級のスキルマーケット「coconala」を運営する株式会社ココナラです。

   ココナラは2011年に、現取締役会長の南章行氏による個人事業として創業。2012年に「coconala」、2016年に「coconala 法律相談」をリリースするなどして事業を拡大。2021年3月には東証マザーズ(現グロース)に上場を果たしています。

  • 今回は「株式会社ココナラ」に注目(写真はイメージ)
    今回は「株式会社ココナラ」に注目(写真はイメージ)
  • 今回は「株式会社ココナラ」に注目(写真はイメージ)

吉岡里帆さんのテレビCMに巨額投じて大幅赤字

   それではまず、ココナラの近年の業績の推移を見てみましょう(2022年8月期は連結、2021年以前は非連結。百万円未満切り捨て)。

   ココナラの営業収益は右肩上がりに伸びています。2022年8月期には38億3700万円と過去最高を更新し、4期前の5倍という順調な成長を見せています。

   その一方で、利益は不安定で、経常利益が黒字になったのは直近5期間で2期にとどまり、残りの3期は赤字となっています。黒字の期も営業利益率が1ケタと低いです。

   ココナラは「得意を売り買い、ココナラ!」、2022年からは吉岡里帆さんの「仕事頼むなら、ココナラ!」といったテレビCMを展開しており、大規模なマーケティング費用をかけています。2022年8月期の営業費用は営業収益を超える43億5900万円にのぼり、このうち広告宣伝費は15億円超を占めています。

   会社は当面この方針を維持するとしており、2022年8月期の有価証券報告書には「短期的なトップライン成長ではなく中長期的な観点で高い成長率を実現できるよう、プロダクト開発およびマーケティング投資を継続」と記されています。

   2023年8月期の連結業績予想は、営業収益が48億円と過去最高を更新する一方、営業利益・経常利益はともに7億円の赤字となると見込まれています。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中