2024年 4月 21日 (日)

小室圭さん、NY州司法試験合格! お祝いムードに水を差す?海外メディアが示唆する「厳しい現実」(井津川倫子)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   秋篠宮家の長女眞子さんと結婚して米ニューヨーク在住の小室圭さんが、NY州司法試験に合格したことが明らかになりました。

   「小室夫妻おっかけ取材」で知られる英紙デイリー・メールが「故ケネディ大統領の御曹司、JFケネディジュニアも三度目の挑戦で合格した」と示唆していたように、「Third time lucky!」(三度目の正直)で合格をつかんだ小室氏。

   ことばのハンディを乗り越えて見事難関を突破したとの一報は、広く海外にも流れました。国内メディアが早くも「億越えの年収か?」とお祝いモードに浮足立つなか、海外メディアからは厳しい現実が伝わってきます。

  • 真価が問われるのはこれからだ(写真はイメージ)
    真価が問われるのはこれからだ(写真はイメージ)
  • 真価が問われるのはこれからだ(写真はイメージ)

三度目の正直で「NYロマンス、勢いに乗る」!

   それにしても、どれだけの人が小室氏の合格を予想していたでしょうか?

   報道によると、今回の試験は9609人が受験して、合格者は6350人。合格率は66%とされていますが、小室氏のような再受験者の合格率はわずか23%! 「超難関」を突破した逆転劇を、海外メディアも驚きをもって報じています。

Third time lucky! Kei Komuro, husband of Japan's former Princess Mako, finally passes his New York bar exam - after failing his first two attempts
(三度目の正直! 日本の元プリンセス眞子さんの夫・小室圭さんが、二度失敗した後に、ついにNY州司法試験に合格した:英紙デイリー・メール)

   「小室夫妻おっかけ取材」で知られる英タブロイド紙のデイリー・メールは、二度の不合格を経ての合格で、「三度目の正直」だと強調しています。

   一見、イヤミとも受け取れるタイトルですが、同紙は二度目の不合格の後に「あの、JFケネディジュニアでさえ三度目のチャレンジで合格した」と、「Third time lucky!」(三度目の正直)を「予測」していたので、ここは素直に「小室氏へのエール」だと受け取りましょう。

   数ある海外メディアの「合格報道」のなかで、ひときわエッジが効いていたのがAP通信の記事です。過去のパッシング報道にも触れながら、小室夫妻の「NYロマンス」は「gets a boost」(調子が上向いてきた)と、伝えています。

The New York romance of Japan's former princess and her husband gets a boost after he finally passes the bar.
(日本の元プリンセスとその夫のNYロマンスは、調子が上向くだろう:AP通信)
gets a boost:調子が上向く、勢いに乗る、パワーアップする

   記事では、これまで小室夫妻が受けてきたバッシングや批判の声を紹介しながら、今回の合格で、「defying detractors who had criticized their romance」(彼らのロマンスを批判してきた中傷者たちに一矢を報いた)とも報じています。

   「defy detractors」は、「中傷者に公然と挑む」という意味ですが、「やれるものならやってみろ!」という挑戦的なニュアンスも含んでいるとか。

   皇室を捨ててNYに移り住んだ小室夫妻。念願の司法試験合格で、夫妻に批判的だったメディアに対して「どうだ、まいったか!」と、公然と挑むことができた、というのが海外メディアの「見立て」なのでしょうか。

   お二人の「ドヤ顔」を連想させる表現にAP通信のこだわりを感じますが、念願の合格を手にした小室夫妻のNYライフが「gets a boost」(勢いに乗る)ことは間違いなさそうです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中