2024年 2月 28日 (水)

メンタルヘルス不調、相談窓口は「変なウワサを立てられる?」...20代の5人に1人、テクノロジーで「心の健康ケア」

   働く人の約半数が、テクノロジーを活かして精神疾患を改善する試み・サービス「メンタルヘルステック」に関心を持っている――。

   NTTデータ経営研究所(東京都千代田区)の調べによると、20代の5人に1人がWEBやアプリケーションなどのICT技術を「心の健康ケア」に活用していることがわかった。

  • 「メンタルヘルステックの活用可能性に関する調査」に注目(写真はイメージ)
    「メンタルヘルステックの活用可能性に関する調査」に注目(写真はイメージ)
  • 「メンタルヘルステックの活用可能性に関する調査」に注目(写真はイメージ)

20代はストレス改善も「SNS」

   コロナ禍での働く人のストレスの増加とメンタルヘルステックの急増を背景に、調査では20~50代の働く人を対象に、実践しているストレス解消方法とメンタルヘルステックの利用に関する意識を聞いた。

   生涯を通じて、心の不調を経験する人の割合が5人に1人といわれる。そんななか、いまや働く人のメンタルヘルス対策は多くの職場で喫緊の課題だ。そうした状況にあって同社は、新たなストレスケアとしてのメンタルヘルステックに着目し、その活用の可能性を探った。

   「ウィズコロナ時代における、働く人のストレス解消方法とメンタルヘルステックの活用可能性に関する調査」によると、精神的健康度が低い人が約半数にわたり、新型コロナウイルスのまん延以降にストレスが増えた人の7割弱に、自身の心の健康(メンタルヘルス)への関心が高まっていることがわかった。

   仕事によるストレスの原因としては、全体では「対人関係」が多く、続いて「仕事の量」があげられた。さらにストレスの原因は年代によって、違いがあった。

   たとえば、20代では「仕事の失敗・責任の発生等」、30代では「仕事の量」、40代では「対人関係」が顕著だった。キャリアの形成段階によって、ストレスと感じる事象が異なることが推察される。

   また、日常的なストレス解消方法のうち、自身のストレス改善に繋がった方法として、30~50代は「休む・寝る」「好きな食べ物や飲み物をとる」「ストレッチや運動をする」といった、一人でできる基本的なストレス解消方法が多くあがった。

   ただ、50代では「ストレス解消方法を実施していない」という割合も高く、うまくストレス解消方法を実施できている人とそうでない人と、二極化していることもわかった。

   その一方で、20代をみると、「SNSをしたり(投稿したり、他の人の投稿をみる)、ネットサーフィンをする」が最もストレスの改善につながっている方法としてあげられた。

   また、30~50代と比べて、「家族や友人に相談する・話を聞いてもらう」や「ボランティアや地域活動をする」といった答えも少なくなかった。

   20代はいっしょに暮らす人がいない割合が顕著に高い(45.8%)うえ、テレワークの実施率も高く(38.5%)、ふだんから人とコミュニケーションをとることが少ない。そのため、NTTデータ経営研究所は、人とのつながりを持つことがストレス解消につながっているのではないかとみている【下図1参照】。

kaisha_20221128141524.png
図1:仕事以外の時間にストレスを緩和・解消するために実施している「ストレス緩和・解消ができている方法」(年代別。N=601。複数回答)NTTデータ経営研究所が作成
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中