2023年 2月 3日 (金)

日産の軽EV「サクラ」、タクシーに!...京都で運行開始 全国へ広まるか? 気になるのは、電池の耐久性

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日産自動車の軽の電気自動車(EV)「サクラ」が京都府のタクシーに採用され、2022年11月16日から運行を開始した。軽EVがタクシーとなるのは全国初とみられる。航続距離(1回の充電で走行できる距離)など課題は大きいが、果たしてEVタクシーは広がるのだろうか。

  • 日産の軽EV「サクラ」、京都でタクシー運行開始(プレスリリースより)
    日産の軽EV「サクラ」、京都でタクシー運行開始(プレスリリースより)
  • 日産の軽EV「サクラ」、京都でタクシー運行開始(プレスリリースより)

環境に優しい軽EVタクシーは「需要高い」 期間限定で、1キロごと10円寄付も

   日産サクラを採用したのは京都府タクシー協会に加盟するエムケイ、都タクシー、京都第一交通の3社だ。これについて、日産は「EVのパイオニアとして、EVの開発と普及に取り組んでいる日産と、地球温暖化防止の京都議定書採択の地であり、環境先進都市としてカーボンニュートラルの実現に向けて取り組む京都府と、京都府タクシー協会に加盟する3社が連携し、EV活用を通じて脱炭素社会の実現を目指すものだ」と説明している。

   日産によると、京都府は小道や坂道が多いため、「軽ならではの小回り性能に優れ、環境にも優しい軽EVタクシーの需要は高く、EVならではの力強く滑らかな加速がメリットになる」という。

   環境にやさしい軽EVの誕生をアピールするため、各タクシー会社と日産は、2023年2月末まで1キロごとに10円を京都府内の環境保護団体へ寄付する「ドネーションタクシー」として運行する。

   さらに、各タクシー会社は京都府内の小学生が「めざせCO2ゼロチャレンジ」をテーマに描いたイラストの中から、3作品を選出。ボディーサイドに作品を描いたラッピングタクシーを各社1台ずつ走らせるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中