2024年 4月 17日 (水)

大地震への備え、できていますか? 全国各地に残る「過去の教訓」、防災取り組みの「未来への備え」知ろう もし被災したら...生活再建の手助けに「地震保険」大事

提供:一般社団法人 日本損害保険協会

   近い将来に発生が懸念される南海トラフ地震、首都直下地震......。大規模災害に対して、十分な備えはできているだろうか? もしかしたら、「自分ごと」としてとらえられている人は、それほど多くないのかもしれない。

   そこで、多くの人の防災意識を高めようと、啓発活動に力を入れているのが、日本損害保険協会(損保協会)だ。同協会では「災害への備え」をテーマにした番組(動画コンテンツ)制作に協力、情報発信に力を入れている。

   これを見ると、日本の各地では現在、過去の災害に学び、教訓として生かそうという防災取り組みが、着実に進んでいることがわかる。しかし一方で、こうした活動を知る機会は案外、少ないのではないだろうか。いまこそ、あらためて知っておきたい「備え」の大切さとは?――損保協会の防災取り組みに迫った。

  • 東日本大震災での自身の体験を語る女性(損保協会協力・BS日テレ制作「みんなの防災 スイッチON!~過去から学び 未来に備える~」…「請戸小学校 震災の記憶」より)
    東日本大震災での自身の体験を語る女性(損保協会協力・BS日テレ制作「みんなの防災 スイッチON!~過去から学び 未来に備える~」…「請戸小学校 震災の記憶」より)
  • 東日本大震災での自身の体験を語る女性(損保協会協力・BS日テレ制作「みんなの防災 スイッチON!~過去から学び 未来に備える~」…「請戸小学校 震災の記憶」より)

「自分も被災するかもしれない。備えておこう」...行動を促すきっかけに

   損保協会が制作に協力した防災番組は、「みんなの防災 スイッチON!~過去から学び 未来に備える~」(BS日テレ、2022年夏オンエア)。

   現在、損保協会のYouTubeチャンネルでは、日本各地の地域別に再編集した動画コンテンツ11本が公開されている(1本あたりは、5分程度)。損保協会 業務企画部 防災・安全グループの杓子尾駿(しゃくしお・しゅん)さんは、番組制作に協力したねらいや思いについて、次のように説明する。

「ひとたび自然災害が発生すると、多くの方の心身や財産に被害をもたらす恐れがあります。一方で、メディアで自然災害の被害状況が報道されると反響が大きいものの、『自分も被災するかもしれないので、備えておこう』という行動には至りづらいものです。
そして、『備えていたから被害が小さくなった』ことは、ニュースになりづらい側面もあります。そこで、各地域で実施されている好事例を周知することで、一人でも多く『備えよう』という気持ちをもって、行動してもらいたい、そんな思いがありました」

   それぞれの動画コンテンツでは、日本各地の防災取り組みを紹介し、「備え」の大切さを伝える。たとえば、「東北 請戸小学校 震災の記憶」では、東日本大震災で被害にあった、福島県浪江町の請戸(うけど)小学校が取り上げられている。

   海から約300mの場所に位置する請戸小は、津波により、2階の教室まで浸水したという。震災発生時、児童と教職員は約2キロ離れた大平山に走って避難している。現在、閉校となった請戸小の建物は、災害の教訓を未来に残す「震災遺構」として一般公開されている。

東日本大震災での自身の体験を語る女性(損保協会協力・BS日テレ制作「みんなの防災 スイッチON!~過去から学び 未来に備える~」...「請戸小学校 震災の記憶」より)
東日本大震災での自身の体験を語る女性(損保協会協力・BS日テレ制作「みんなの防災 スイッチON!~過去から学び 未来に備える~」...「請戸小学校 震災の記憶」より)

   動画では、当時は請戸小の6年生で、現在は成人した女性が登場する。自身の体験をもとに「語り部」としても活動する彼女がこう語る姿は、印象的だ。

「震災を知らない世代が増えていることは、身を持って実感し始めています。(語り部活動では、とくに子どもたちに向けて)自分たちに置き換えて考えてほしい、率先して避難できる子になってほしいという思いで、いつもお伝えしています」
姉妹サイト
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック