2024年 3月 4日 (月)

「最近、退職を検討した」営業職、20代ではなんと8割! コロナ禍が理由という人、女性のほうが多い結果に

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「最近、退職を検討した」ことがある営業職が、約7割にのぼった――。

   営業職のイマを調査するため、日本労働調査組合(東京都足立区)が全国の20~49歳の営業職の男女543人を対象に「営業職の勤務意識に関するアンケート」を実施した。2022年12月1日の発表だ。

   同組合は、「(コロナ禍の影響もあって)会社の売上減、営業先・得意先の売上減、営業機会の減少と考えられる影響や要因はさまざまだが、長時間労働やノルマへの不安が低下していることから、がむしゃらに仕事に邁進していた時代から、新しい仕事のスタイルへの変革、しいては若年層のライフスタイルの変化に、会社側がどう対応していくかが必要と考えられる」と指摘している。

  • 営業職の勤務意識を聞いた(写真はイメージ)
    営業職の勤務意識を聞いた(写真はイメージ)
  • 営業職の勤務意識を聞いた(写真はイメージ)

新型コロナの影響で「最近、退職を検討した」は約7割

   調査によると、「最近、退職を検討したことがありますか」との問いに、「検討した」と答えた営業職は、全体で69.6%。

   このうち、新型コロナウイルス感染症の影響を理由にあげる人は42.7%、「新型コロナウイルス感染症とは別の理由」があるとした人は26.9%だった。検討したことが「ない」と答えた人は30.4%だった【円グラフ参照】。

   約7割が「最近、退職を検討した」としているが、多くの人が新型コロナウイルス感染症の影響で退職を考えたことがわかった。

最近、退職を検討したことがある営業職は69.6%にのぼった。(日本労働調査組合調べ)
最近、退職を検討したことがある営業職は69.6%にのぼった。(日本労働調査組合調べ)

   世代別にみると、退職を検討した「20代」は79.9%にのぼった。「30代」が71.8%、「40代」が56.8%で、年代が上がるにつれて退職の意向は低くなる傾向がある【下のグラフ参照】。

   コロナ禍の影響を理由に、退職を検討したことが「ある」と答えた人は、20代で48.4%、30代で52.5%、40代で27.0%だった。

   また、コロナ禍の影響とは「別の理由」で検討したことがあるとした人は、20代で31.5%、30代が19.3%、40代が29.8%。退職を検討したことが「ない」と回答した20代は20.1%、30代が28.2%、40代は43.2%だった。

   20代のじつに約8割が退職を検討していて、日本労働調査組合は「新型コロナウイルス感染症の影響から営業職の将来性に疑問を持つ若年層が多い様子がうかがえる」という。

若年層ほど「最近、退職を検討した」ことがある(日本労働調査組合調べ)
若年層ほど「最近、退職を検討した」ことがある(日本労働調査組合調べ)

   また、性別でみると、退職を検討したことが「ある」と答えた男性は64.4%、女性は74.7%で、男性より女性のほうが10.3ポイント高かった。

   内訳は、「コロナ禍の影響がある」と答えた男性が38.1%、女性は47.2%。「コロナ禍の影響とは別の理由」と回答した男性が26.3%、女性は27.5%だった。一方で、「検討したことがない」とした男性は35.6%、女性が25.3%だった。女性のほうが、コロナ禍の影響を受けている様子がうかがえる。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中