2024年 2月 22日 (木)

世界のIT技術者の給与...最も高いのはスイス、2位は米国、では日本は?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   総合人材サービス会社のヒューマンリソシア(東京都新宿区)が、国際労働機関(ILO)や世界各国の統計データ、公表データをベースに独自に分析し、世界98か国のIT技術者の給与を調査した。

   それによると、世界で最もIT技術者の給与が高い国はスイスで、2位に米国、3位がイスラエルだったことがわかった。これは、「2022年度版 データで見る世界のITエンジニアレポートvol.6」として、2022年12月14日に発表した。

   日本は第20位。日本のIT技術者の給与は昨今の円安ドル高の影響もあって、前年比15.1%減と、大幅に減少した。同社は、「世界と比べて日本のIT技術者の給与水準の低さが憂慮される結果となった」としている。

  • 世界のIT技術者の給与事情とは(写真はイメージ)
    世界のIT技術者の給与事情とは(写真はイメージ)
  • 世界のIT技術者の給与事情とは(写真はイメージ)

際立つヨーロッパ各国の給与の高さ

   調査によると、世界のIT技術者の給与は1位がスイスの10万53USドル。2位に米国の8万9161USドル、3位はイスラエルの8万5131USドルだった【図1参照】。

   4位がデンマーク、5位がパナマ、6位にノルウェー、7位がドイツ、8位に豪州、9位がフィンランド、10位にアイルランドが続いた。ヨーロッパの国々がトップ10のうち、6か国もランクインしており、ヨーロッパ各国の給与の高さが際立つ。

   一方、日本は、3万8337USドルで20位。中国が25位と迫っている【図2参照】。

日本は世界の20位(「IT技術者の給与 1~20位」図1、図2)
日本は世界の20位(「IT技術者の給与 1~20位」図1、図2)

※PayScaleサイト(https://www.payscale.com/rccountries.aspx)の検索で、Software Engineerの年収(USドル)のデータを元に調査(検索日:2022年10月20日)。検索結果は22年1月から9月の平均為替レート。国際通貨基金(IMF)の統計データを元にUSドルに換算し算出。(「ヒューマンリソシア調査 2022年度版:データで見る世界のITエンジニアレポートvol.5」)

   また、情報通信業で就業している人の給与を国別に調査したところ、1位はIT技術者と同様に、10万9985USドルでスイスだった。2位は9万5024USドルでカタール、3位は9万70USドルのルクセンブルクが入った。米国は8万5062USドルで4位、5位以降はヨーロッパの国々が続いた【図表3参照】。

   情報通信業の就業者の給与をみても、日本は4万837USドルで、世界の24位にとどまった。11位以下にはヨーロッパ各国が続き、アジアではシンガポールだけが20位にランクイン。韓国が4万8527USドルで22位に入り、日本は韓国を下回る結果となった【図表4参照】。

   なお、情報通信業の就業者には、情報通信業で就業しているIT技術者を含むすべての職種の人が含まれる。

※中国の平均年収は、中国統計年鑑より引用。その他は国際労働機関(ILO)のデータベースより、情報通信業就業者の平均年収データ(単位:USドル)を使用した。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中