2024年 4月 20日 (土)

「愛しているから投資して」 マッチングアプリの甘い誘惑、騙される人急増...詐欺師の手口、殺し文句はコレ! 「カネを取り戻してやる」団体にもご注意

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「あなたを愛しているわ。だから投資して。ね、お願い!」。婚活やデートが目的のマッチングアプリで、相手から投資話を持ち掛けられ、大金を騙しとられるケースが急増している。

   しかも、なぜか相手は「自称外国人」が多いのが特徴だ。国民生活センターは2022年12月21日、「『愛してるから投資して』っておかしくない!?」という警告リポートを発表、詐欺師の特徴と手口を紹介する「騙されないためのチェックリスト」を公開した。「マッチングアプリ等を利用する人は、ぜひ活用して」と呼びかけている。

  • 甘い誘惑に引っかかってはダメ!(写真はイメージ)
    甘い誘惑に引っかかってはダメ!(写真はイメージ)
  • 甘い誘惑に引っかかってはダメ!(写真はイメージ)

今年結婚した人の出会い、5人に1人以上が「マッチングアプリ」

   近年、「婚活」の場でマッチングアプリなどを活用する人が急増している。

   今年(2022年)、結婚した人の出会いのきっかけは、5人に1人以上が「マッチングアプリ」だったことが、明治安田生命が2022年11月22日の「いい夫婦の日」を前に行った「いい夫婦調査」で、わかった。

   同調査によると、2022年に結婚した人の22.6%が「マッチングアプリで出会った」と回答、これまで出会いの定番トップスリーだった「職場の同僚」「友人・知人の紹介」「学校の仲間」を抜き、初めて首位になったのだ。

   こうした背景もあってか、マッチングアプリで知り合った相手から「2人の結婚資金を貯めるために投資で儲けよう」などと、甘い言葉で誘われて詐欺に遭うケースが急増しているという。国民生活センターによると、被害件数は2018年には45件だったのが、2021年には1701件と、4年間で約38倍に増えた。

   国民生活センターは、その典型的な手口、誘いの言葉などを分析、詐欺に遭わないためのチェックリストを紹介している。相手の特徴は、「自称外国人や外国の在住経験がある日本人」、投資の誘い文句は「投資に詳しい家族がいるから儲かる」などが挙げられるという【図表】。該当する内容があれば注意しよう。

(図表)マッチングアプリで知り合った人に騙されないためのチェックリスト(国民生活センターの作成)
(図表)マッチングアプリで知り合った人に騙されないためのチェックリスト(国民生活センターの作成)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中