2024年 3月 5日 (火)

再び値上がり...東京都・私立中学の初年度学費 2023年度の平均額は98万9125円

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   再び値上がりだ――。東京都の私立中学校の来年度(2023年度)の初年度の学費(授業料、入学金、施設費と学則上のその他納付金)は、対象となった182校(休校中の学校等を除く)のうち、23.6%に当たる43校が値上げに踏み切ったことがわかった。

   東京都が2022年12月7日に発表した。学費を据え置いた中学校は139校(76.4%)だった。初年度納付金(学費)の平均額は98万9125円で、前年度に比べて1万705円(1.0%)増えた。

  • 東京都の私立中学の学費、ジワリと値上がり
    東京都の私立中学の学費、ジワリと値上がり
  • 東京都の私立中学の学費、ジワリと値上がり

来年度の学費、1万705円値上がり

   東京都の私立中学校の初年度納付金(総額)が、再び値上げり基調で推移している。

   これまでを振り返ると、10年前の2012年度の初年度納付金は、平均で92万3644円(184校)だった。その後は、8年連続で値上がり。

   20年度に97万531円まで上昇した平均額は、その翌年(21年)度にはコロナ禍などの影響もあって、わずかに減った(97万176円)ものの、22年度は97万8420円と再び上昇した。来年度も1.0%、1万705円値上がりして、98万9125円となった。【下の表参照】

   対象となった182校のうち、初年度の学費を値上げした学校は43校だった。

   初年度の学費が最も高い学校は、玉川学園中学部(IBクラス)の190万6500円。次いで、ドルトン東京学園中等部が154万円、成蹊(国際学級)が149万6000円、慶應義塾中等部が142万円、早稲田大学高等学院中等部が141万4000円と続いた。

   この内訳をみると、授業料で最も高いのは玉川学園中学部(IBクラス)の134万1000円。次いで、ドルトン東京学園中等部の93万円、慶應義塾中等部の88万円だった。

   入学金で最も高いのは、頌栄女子学院の45万円、ドルトン東京学園中等部の40万円、広尾学園の38万8000。

   施設費で最も高かったのは、本郷と国立音楽大学附属(演奏・創作コース)の20万円、日本大学第二の19万円、目黒学院、国立音楽大学附属(総合表現コース)の17万円だった。

   一方、初年度の学費が最も低い学校は、八王子実践の54万8000円。次いで、サレジオの63万8000円、愛国の71万5000円、開智日本橋学園(LC・GLC・DLCクラス)の74万8000円、北豊島の76万2000円と続いた。

   最も高い玉川学園中学部と最も低い八王子実践では、135万8500円もの差があった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中