2024年 2月 23日 (金)

持続可能な地域社会でありつづけるために...「再エネの地産地消」に挑戦中!【セブン&アイグループ】

提供:環境省

   太陽光、風力、地熱、中小水力、バイオマス...。環境負荷の少ない再生可能エネルギー(再エネ)の活用・導入がいま、企業や自治体でどんどん広がっていることをご存じですか? 「再エネ活用、はじめませんか?」では、最先端の再エネ事情、取り組みを紹介しています。

   今回は、セブン―イレブンを始めとする商業施設で再エネを活用するセブン&アイグループの取り組みを紹介します。

国内初となる「オフサイトPPA」を活用...店舗で「100%再生可能エネルギー化」進む

   日本全国に約2万2700店舗を展開するセブン&アイグループ。24時間、地域の暮らしを支えるコンビニ、セブン―イレブンにも、再生可能エネルギーが導入されています。

   セブン&アイグループでは、店舗運営に伴うCO2排出量を2013年度比で2030年までに50%、2050年までに実質ゼロを目標として掲げ、省エネ、再生可能エネルギーの利用を推進しています。

   セブン―イレブンを始めとするグループ各社で8800以上の店舗に太陽光パネルを設置し、再生可能エネルギーを活用。この取り組みによって、年間約4万3000トンのCO2排出量削減効果が見込まれています。

   一方で、屋根置きの太陽光発電のみで、店舗運営に必要なすべての電力をまかなうのは難しいという課題がありました。

   これに対応するため、店舗から離れた場所に、新しく建設した専用の太陽光発電所で創られた再生可能エネルギーを店舗に送電する「オフサイトPPA」を活用しました。

   実現に向けては、NTTグループと連携。2021年6月からセブン―イレブン40店舗へ、2022年1月からイトーヨーカドーのアリオ亀有店へ、再生可能エネルギーを供給しています。これにより、再生可能エネルギー100%による店舗運営を実現しています。

「オフサイトPPA」による再生可能エネルギー導入の仕組み
「オフサイトPPA」による再生可能エネルギー導入の仕組み
姉妹サイト
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック